メインメニューを開く
日置益
1924年

日置 益(ひおき えき、1861年12月21日文久元年11月20日) - 1926年10月22日)は、日本外交官[1]伊勢国(現在の三重県)出身。

目次

経歴編集

1888年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業し、外務省に入る。1914年(大正3年)に中国公使に就任。同年12月3日、加藤高明外相は日置に対華要求を訓令する。翌1915年(大正4年)1月18日、大隈重信内閣は袁世凱対華21カ条要求を行い、日置はその交渉担当となった。1921年(大正10年)から1923年(大正12年)、在ドイツ特命全権大使。1925年(大正14年)には北京関税特別会議に全権として出席。

栄典・授章・授賞編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日置益、朝日日本歴史人物事典
  2. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  3. ^ 『官報』第1301号「叙任及辞令」1916年12月2日。
  4. ^ 『官報』第2871号「叙任及辞令」1922年3月1日。
  5. ^ 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。
  6. ^ 『官報』第6265号「叙任及辞令」1904年5月21日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

参考文献編集