メインメニューを開く

日華議員懇談会(にっかぎいんこんだんかい、略称:日華懇)とは、日本国交のない中華民国台湾)との関係強化を目的とした超党派議員連盟である。

概要編集

前身の日華関係議員懇談会は、日本と台湾が国交を断絶してからまもない1973年3月14日灘尾弘吉藤尾正行中川一郎玉置和郎田中龍夫渡辺美智雄ら27名が発起人となり、自由民主党議員の3分の1以上にあたる152名(衆議院議員99名、参議院議員53名)が参加して発足した。初代会長には、灘尾が就任した。

1997年、超党派の日華議員懇談会に改組された。発足時には、国会議員の約40%にあたる300名(自民党202名、新進党86名、太陽党7名、新党さきがけ5名)が参加。会長には山中貞則、副会長には小沢辰男村上正邦平沼赳夫前田勲男が就いた。

2017年平沼赳夫が政界を引退した以降、会長職は空席となっていたが、2018年3月に、2015年から幹事長を務めていた古屋圭司が会長職に就いた2019年5月現在の所属議員は287名[1]

なお、このほかの日台関係の議員連盟ないし議員グループとしては、

  • 自民党系の
  • 日本・台湾友好議員連盟」・・会長の小林興起らが郵政民営化反対で離党したため、休眠状態となった。
  • 日台経済文化交流を促進する若手議員の会(日台若手議連)」・・岸信夫を会長に自民党青年局のメンバーなどで構成。
  • 民主党系の
  • 日本台湾友好議員懇談会
  • 日本・台湾安保経済研究会」・・民主党保守系で構成されたが、会長の中津川博郷らの落選により休眠状態に。

がある。

役員編集

会員編集

近年の主な活動と出来事編集

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集