メインメニューを開く

日蓮』(にちれん)は、日蓮の生涯を描いた1979年の日本映画

日蓮
監督 中村登
脚本 中村登
原作 川口松太郎
製作 永田雅一
出演者 萬屋錦之介
音楽 芥川也寸志
撮影 高村博
編集 池田禅
製作会社 永田雅一プロダクション
配給 松竹
公開 1979年3月10日
上映時間 143分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5.6億円[1]
テンプレートを表示

大映社長時代に『日蓮と蒙古大襲来』(1958年、大映京都)を製作した永田雅一が、再び日蓮を題材に製作したスペクタクル時代劇大作である。なお、元寇のシーンには『日蓮と蒙古大襲来』の特撮シーンが一部流用されている。

あらすじ編集

キャスト編集

スタッフ編集

DVD編集

脚注編集

  1. ^ 「1979年邦画四社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1980年昭和55年)2月下旬号、キネマ旬報社、1980年、 124頁。

関連項目編集

外部リンク編集