メインメニューを開く

概要編集

かつては延豊汽船として、延岡市の十貫港と蒲江港大分県佐伯市)を結ぶ日向灘沿岸航路[1]を中心に蒲江港と島浦港を結ぶ航路などを運航していた。その後、国道388号の整備により沿岸航路は廃止され、本社を浦城港に移転、現在は浦城 - 島浦航路のみを運航している。

航路編集

  • 浦城港 - 島浦港(フェリー20分、高速船10分)
フェリー6往復、高速船10往復を運航する。フェリー・高速船の始発1往復は日・祝運休、フェリーの最終便1往復は土・日・祝運休となる。
島浦港ではフェリーは宇治港、高速船は中央港を発着する。浦城港では延岡駅方面への宮崎交通宮野浦線が接続している。
宮崎県内では唯一、離島航路整備法に基づく国庫補助対象航路に指定されている。

船舶編集

就航中の船舶編集

 
「クィーンにっぽう2」
  • にっぽう3(フェリー)
196総トン、神原造船建造
  • クィーンにっぽう2(高速船)
2005年3月竣工、ニシエフ建造、鉄道建設・運輸施設整備支援機構共有
19総トン、FRP、ディーゼル2基、機関出力423kW×2、航海速力22.0ノット、旅客定員76名

過去の船舶編集

  • にっぽう2(フェリー)
  • にっぽう(フェリー)
  • クィーンにっぽう(高速船)
南海造船建造、2005年大昭汽船へ売却され「KOGANE V」として就航した後、豊島フェリーへ売却され「まりんなつ2号」として就航
19総トン、全長15m、航海速力19ノット、旅客定員80名

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宮崎県北部港湾事務所『平成28年度 業務概要』(レポート)、宮崎県、2016年。2017年9月8日閲覧。

外部リンク編集