日車夢工房(にっしゃゆめこうぼう)とは、かつて日本車輌製造鉄道をモチーフとしていた雑貨鉄道模型ブランドである。

概要編集

1999年9月に発足した日本車輌製造による鉄道雑貨・鉄道模型のブランドで、主に母体である日本車輌製造製の鉄道車両を題材としたグッズや鉄道模型を発売していた[1]

雑貨は、鉄道を題材とした食器文房具衣類などを発売していた他、鉄道ビデオやチョロQプラレールなどの玩具も手がけていた。鉄道模型の製造は16番ゲージの製品はカツミで、Nゲージの製造は主にグリーンマックストミーテックが行っていた。この他にもBトレインショーティーの特注品を企画したことがあった。

愛知県名古屋市東区NHK名古屋放送センタービル内に直営店「日車“ゆめ”ステーション」を設けていたが、同店舗は2012年2月26日をもって閉店した。その後、2017年10月11日に同年中に事業を終了させることを発表し[1]、同年12月22日をもって閉店した[2]

主な商品編集

鉄道模型製品編集

Nゲージ(縮尺1/150)
16番ゲージ(縮尺1/80)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “日車夢工房 年内で終了”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2017年10月16日) 
  2. ^ 宮坂達也. “2017.12.22 スタッフブログ 日車夢工房”. 日本車輌製造. 2017年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月24日閲覧。

関連項目編集