メインメニューを開く
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 北区 (さいたま市) > 日進町 (さいたま市)

日進町(にっしんちょう)は、埼玉県さいたま市北区町名。現行行政地名は日進町一丁目から日進町三丁目。郵便番号は331-0823[2]。本項では日進町の前身である加村(かむら)および西谷村(にしやむら)についても述べる。

日進町
日進駅(2011年2月)
日進駅(2011年2月)
■日進町の位置(埼玉県内)
■日進町
日進町
日進町の位置
北緯35度55分49.11秒 東経139度36分32.79秒 / 北緯35.9303083度 東経139.6091083度 / 35.9303083; 139.6091083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
北区
地域 Omiya Saitama chapter.jpg大宮地区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 31,902人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
331-0823[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

地理編集

さいたま市北区中西部に位置する。町域の中央を南北に長く大宮台地があり、東部に向かって緩やかに傾斜しながら町境の切敷川に至る。西部は町境をなす鴨川沿いの沖積平野や、開析谷が入り組んだ起伏のある地形となっている。奈良町宮原町大成町櫛引町大宮区西区に跨る三橋、西区内野本郷宮前町上尾市戸崎と隣接する。

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば日進町2丁目1784番2の地点で17万3000円/m2となっている[4]

歴史編集

日進町があった一帯は古くは南北朝期より見出せる足立郡に属する加村で、賀村とも書かれた。この加村は中世末期か近世の初期頃より上加村下加村に分村された[5]

その後の日進町の前身の村々は日進町の成立まで以下の変遷を辿った。

上加村編集

江戸期は足立郡吉野領に属する上加村であった。さらに古くは水判土荘に属していたと云われている[6]

以降は下記の日進町の成立節を参照。

下加村編集

江戸期は足立郡吉野領に属する下加村であった。さらに古くは大谷領に属していたと云われている[10]

  • 1624年寛永元年)より知行は旗本柴田氏[10]
  • 1698年元禄11年)より幕府領、以降幕末まで帰属の変遷はなし[10]
  • 1828年(文政11年)より大宮宿寄場55か村組合に所属していた[10]
  • 1871年(明治4年)11月13日 - 埼玉県の管轄となる。
  • 1879年(明治12年)3月17日 - 北足立郡に属す。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、下加村が周辺六ヶ村と合併して日進村となる[10]。日進村の大字下加となる。
  • 1939年(昭和14年) - 地内に陸軍造兵廠大宮製作所(後の陸上自衛隊大宮駐屯地)が進出、1940年夏頃第一工場が完成、第二〜第五を逐次建設する[11]
  • 1940年(昭和15年)11月3日 - 日進村が周辺四ヶ町村と合併、市制施行により大宮市となる。大宮市の大字となる。
  • 1947年(昭和22年)9月1日 - 地内に日進公民館が開設される[12]
  • 1960年(昭和25年)2月28日 - 地内に日進幼稚園が開園する[13]
  • 1958年(昭和33年)7月10日 - 区画整理の実施により、日進町一丁目の一部、および櫛引町二丁目となる[8][10][9]。これにより大字下加は消滅する。

西谷村編集

江戸期は足立郡大谷領に属する西谷村であった。さらに古くは高鼻荘に属していたと云われている[14]

  • はじめは幕府領、1624年(寛永元年)より知行は旗本柴田氏[14]
  • 1698年(元禄11年)より再び幕府領、1702年(元禄15年)より知行は旗本小川氏[14]
  • 1828年(文政11年)より大宮宿寄場55か村組合に所属していた[14]
  • 1871年(明治4年)11月13日 - 埼玉県の管轄となる。
  • 1879年(明治12年)3月17日 - 北足立郡に属す。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、西谷村が周辺六ヶ村と合併してと合併して日進村となる[14]。日進村の大字西谷となる。
  • 1940年(昭和15年)11月3日 - 日進村が周辺四ヶ町村と合併、市制施行により大宮市となる。大宮市の大字となる。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 大宮市立日進北小学校(現さいたま市立日進北小学校)が開設される。
  • 1955年(昭和30年) - 大宮西谷県営住宅が建設され、翌年竣工する[14]
  • 1958年(昭和33年)7月10日 - 区画整理の実施により、日進町三丁目となる[8][14][9]。これにより大字西谷は消滅する。

大成村編集

  • 1958年(昭和33年)7月10日 - 大字大成が櫛引町一丁目の一部、日進町二丁目の一部となる[15][8][16]。これにより大字大成は消滅する。

日進町の成立およびそれ以降編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]。埼玉県内では小川町(約3万人)よりも人口が多い。

丁目 世帯数 人口
日進町一丁目 4,900世帯 10,481人
日進町二丁目 7,251世帯 15,899人
日進町三丁目 2,606世帯 5,522人
14,757世帯 31,902人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[20]

丁目 番地 小学校 中学校
日進町一丁目 0〜315番地、387〜404番地、410〜522番地、900番地 さいたま市立宮前小学校 さいたま市立日進中学校
316〜386番地、405〜409番地、523〜899番地
901番地以降
さいたま市立日進小学校
日進町二丁目 0~48番地、472〜513番地、892〜1011番地
1162〜1259番地、1327〜1404番地
49〜91番地、409〜471番地、514〜547番地
809〜891番地、1012〜1082番地
さいたま市立つばさ小学校
92〜408番地、548〜803番地、805〜808番地
1083〜1124番地、1125番地7〜8・11〜12・22
1126〜1161番地、1260〜1326番地、1405〜1406番地
1864番地10、1914〜1917番地
さいたま市立宮前中学校
804番地、1125番地1〜6・9〜10・13〜21
1125番地23〜最終枝番、1407〜1863番地
さいたま市立日進北小学校
日進町三丁目 全域

交通編集

鉄道編集

道路編集

公園・緑地編集

  • 日進公園
  • 番場公園
  • うねうね公園(イスタ日進内)[22]
  • 上加自然の森[21]
  • 上加南自然の森
  • 松原東公園
  • 松原中央公園
  • 松原第一公園
  • 松原第二公園
  • 松原第三公園
  • みどり公園
  • 上加公園
  • 下加公園
  • 下加西公園
  • 北山下公園
  • 西谷第一公園
  • 西谷第二公園
  • 日進三丁目中公園
  • 日進三丁目南公園
  • 日進三丁目東公園
  • 日進ニ丁目南公園
  • 日進ニ丁目北公園
  • 日進東公園
  • 日進住宅公園

施設編集

 
陸上自衛隊大宮駐屯地

日進駅前に近く、数多くの商業施設が立地する。

※ 日進幼稚園は櫛引町二丁目に所在する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』279-280頁。
  6. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』253頁。
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  8. ^ a b c d e 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』960頁。
  9. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』663頁。
  10. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』443頁。
  11. ^ 『大宮のむかしといま』266-269頁。
  12. ^ 『大宮のむかしといま』資料-30頁。
  13. ^ a b c d 『大宮のむかしといま』資料28-29頁。
  14. ^ a b c d e f g 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』660-661頁。
  15. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』957頁。
  16. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』175頁。
  17. ^ 大字上加 旧新地番対照表 (PDF)”. さいたま市役所 (2017年12月21日). 2018年12月8日閲覧。
  18. ^ a b 合併後の住所の移り変わり”. さいたま市役所 (2017年12月21日). 2018年12月8日閲覧。
  19. ^ 日進町2丁目、3丁目、宮原町3丁目及び大成町4丁目 旧新地番対照表 (PDF)”. さいたま市役所 (2017年12月21日). 2018年12月8日閲覧。
  20. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。
  21. ^ a b c d 『「街の達人」でっか字埼玉便利情報地図2013年2版2刷』昭文社、2013年、100-104頁。ISBN 978-4-398-60135-3
  22. ^ “小川も流れる『うねうね公園』、子どもに大人気です”. リビング埼玉Web (サンケイリビング新聞社). (2012年7月5日). https://mrs.living.jp/saitama/tokuhain_blog/reporter/100661 2018年12月13日閲覧。 
  23. ^ さくらアート幼稚園 - 一般社団法人 さいたま市私立幼稚園協会.2019年7月25日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。

外部リンク編集