メインメニューを開く

日達(にったつ、1902年4月15日 - 1979年7月22日)は、日蓮正宗大石寺第66世の法主。細井姓。阿闍梨号は妙観。道号は精道。1959年登座。

略歴編集

  • 1902年(明治35年)4月15日、東京京橋で誕生。
  • 1910年(明治43年)8月12日、総本山第57世日正を師範として得度し精道(せいどう)と名乗る。
  • 1933年(昭和8年)、娘婿・菅野日龍能化(元・宗務院庶務部長、東京・大宣寺住職、道号・慈雲)が誕生。
  • 1936年(昭和11年)、本伝寺(大阪府堺市)住職、
  • 1939年(昭和14年)、長男・細井珪道師(元宗会議長、元東京・常在寺住職、2010年死去)が誕生。
  • 1941年(昭和16年)、常在寺(東京都豊島区池袋)の住職となる。
  • 1946年(昭和21年)、宗務院庶務部長に就任。
  • 1956年(昭和31年)、総監に就任。
  • 1959年(昭和34年)11月15日、第65世日淳より「血脈相承」を受ける。17日、日淳の遷化(死去)に伴い、「日達」と名乗り、日蓮正宗管長・大石寺住職、法主に就任。
  • 1961年(昭和36年)11月、宗祖日蓮大聖人680遠忌法要を執行。大石寺三師塔東大塔建立。同年、大石寺塔中本種坊を創設。
  • 1962年(昭和37年)4月15日、還暦を迎える。
  • 1963年(昭和38年)3月、大石寺塔中遠信坊を再興。
  • 1964年(昭和39年)3月、大石寺塔中雪山坊を再建新築。同年4月、大石寺客殿(本門大客殿)を再建新築。同年、大石寺塔中妙遠坊を創設。
  • 1967年(昭和42年)12月、大石寺塔中本住坊再建新築(9月1日に本尊を書写)。
  • 1969年(昭和44年)11月、大石寺塔中妙泉坊妙住坊を創設(8月に本尊を書写)
  • 1972年(昭和47年)4月15日、古稀を迎える。
  • 同年7月、大石寺塔中百貫坊再建新築(5月28日に本尊を書写)。
  • 同年10月、大石寺に正本堂を建立、大石寺常来坊常灯坊を創設。
  • 1974年(昭和49年)、妙信講(後の冨士大石寺顕正会)を解散処分にする。
  • 1977年(昭和52年)3月、大石寺塔中理境坊再建新築。
  • 1978年(昭和53年)4月15日、第67世日顕に「血脈相承」を内付とのちに日顕自身が自己申告。
  • 1978年6月、大石寺塔中遠寿坊を創設(前年10月に本尊を書写)。
  • 1979年(昭和54年)4月15日、喜寿を迎える。
  • 晩年には心臓病を患い、同年7月22日丑寅の時刻、(医師不在により公式では早朝5時05分)フジヤマ病院にて、77歳で腸機能不全により遷化(逝去)。

外部リンク編集