日野重光

室町時代前期の廷臣・公卿。裏松家(室町期)当主。従一位・大納言、贈左大臣。勅撰集『新続古今和歌集』以下に2首入集

日野 重光(ひの しげみつ)は、室町時代前期の公卿裏松家(室町期)当主。

 
日野重光
時代 室町時代前期
生誕 応安7年(1374年
死没 応永20年3月16日1413年4月16日
別名 裏松重光
官位 大納言左大臣
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 藤原北家真夏日野家
父母 父:日野資康、母:池尻殿
兄弟 康子重光烏丸豊光栄子
義資宗子重子
テンプレートを表示

略歴編集

応安7年(1374年)、藤原北家真夏日野家権大納言日野資康の子として誕生。

官位は大納言。

応永20年(1413年)、薨去。足利義勝義政兄弟の祖父であるため、死後左大臣を追贈された。

系譜編集