日鎮(にっちん、文明元年(1469年) - 大永7年6月24日1527年7月22日))は、日蓮正宗総本山大石寺第12世法主。

俗に稚児貫首と称される。出生は皇室の出身とされ、大石寺の総門である黒門(黒木の門)は、この法主の時代に完成。

略歴編集

  • 文明元年(1469年)、下野国に誕生。
  • 文明14年(1482年)9月7日、9世日有より法の付嘱を受け、12世日鎮として14歳で登座。
  • 文明14年(1482年)9月29日、9世日有死去。
  • 長享2年(1488年)12月7日、三位阿日芸に本尊を授与す。
  • 延徳2年(1490年)6月29日、書を三位阿日芸におくる。
  • 明応3年(1494年)10月19日、富士を発し東国に下向す。
  • 永正5年(1508年)6月4日、大石記を写す。
  • 大永2年(1522年)9月17日、大石寺に御影堂総門(黒門)等を建立する。
  • 大永5年(1525年)8月4日、土佐大乗坊において説法。
  • 大永6年(1526年)9月5日、良王童を付弟となす。
  • 大永7年(1527年)6月24日、59歳で死去した。


先代:
日底
大石寺住職一覧 次代:
日院