日露通信社(にちろつうしんしゃ)とは、かつてソ連に存在した日本の国策通信社である。旧日露貿易通信社[1]。1918年11月創刊[1]。1934年6月25日、露西亜通信社に吸収された。

日露通信社
本社所在地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウラジオストク
業種 情報・通信業
事業内容 通信社
テンプレートを表示

日露倶楽部編集

日露倶楽部
本社所在地   日本
東京市赤坂区氷川町四番地[2]
業種 情報・通信業
代表者 上田森治[2]
テンプレートを表示

日露通信社の露字新聞の日本総支局は日露倶楽部であり[2]、日露倶楽部は1925年4月に再設立されている[3] (なお、以前の日露倶楽部は1913年より存在しており[1]ロシア内戦中は内部に白系露字新聞「デーロ、ロシー」の発行所を置いていた[4])。

ソ連側は、極東銀行ロシア語版極東貿易局 (ダリゴストルグロシア語版、-1931年[5])、全露中央消費購買組合ロシア語版 (ツエントロサユーズ)が日露倶楽部の会員に申し込んでいた[3]。なお、ソ連側のアドリフ・ヨッフェによれば、全露中央消費購買組合の役員は共産主義者では無かったとされる[6]

一方、日本軍と協働していた白軍セミョーノフ軍系の新聞「デイロ、ロシー」は、日ソの通商および協調を批判していた[7]

日露通信社の設立案における役員案編集

役員編集

発行書籍編集

関連項目編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『ロシアと日本: 共同研究 - 第5号』 早稲田大学政治経済学部長與研究室 2003年
  2. ^ a b c d e f 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C07060819600、大正8年10月 西受大日記(防衛省防衛研究所)」 日露貿易通信社員へ軍用船便乗許可の件
  3. ^ a b 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03041026200、在内外協会関係雑件/在内ノ部 第四巻(1-3-3-1_2_004)(外務省外交史料館)」 31.日露倶楽部
  4. ^ 10.浦汐政府対日宣伝開始記事ノ件 自大正九年九月 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03040651200、新聞雑誌出版物等取締関係雑件 第四巻(B-1-3-1-075)(外務省外交史料館)」
  5. ^ 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B08061123000、外国会社関係雑件/蘇連邦ノ部(E-2-2-1-1_4_001)(外務省外交史料館)」 標題:3.国営株式会社「ダリゴストルグ」
  6. ^ 誤れる対露策 : ヨッフェ氏語る 東京日日新聞 1920年2月18日
  7. ^ 日本撤兵に就て 「デイロ、ロシー」 1920年9月18日
  8. ^ a b c d 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B11090476500、西比利亜経済援助関係雑件/「プロパガンダ」ニ関スル件(B-3-4-1-23_8)(外務省外交史料館)」 標題:5.日露通信社設立案ノ件 自大正八年二月
  9. ^ 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03040626700、新聞雑誌操縦関係雑纂/「エホー」印刷所 第一巻(B-1-3-1-056)(外務省外交史料館)」標題:エホー印刷所一 6/大正10年5月12日から大正10年5月30日
  10. ^ a b c 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03040802900、本邦通信機関及通信員関係雑纂/通信機関ノ部(B-1-3-1-189)(外務省外交史料館)」 6.日露通信社
  11. ^ 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02031142700、本邦通信社関係雑件(A-3-6-0-5)(外務省外交史料館)」 2.日露通報社関係