日高三岡駅(ひだかみつおかえき)は、北海道日高支庁沙流郡日高町字三岩にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)富内線廃駅)である[1]。富内線の廃線に伴い、1986年(昭和61年)11月1日に廃駅となった[2]

日高三岡駅
ひだかみつおか
Hidaka-Mitsuoka
日高岩内 (4.7 km)
(4.4 km) 日高町
所在地 北海道沙流郡日高町字三岩
北緯42度50分44秒 東経142度24分59秒 / 北緯42.84556度 東経142.41639度 / 42.84556; 142.41639
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 富内線
キロ程 78.1 km(鵡川起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1964年昭和39年)11月5日[1]
廃止年月日 1986年(昭和61年)11月1日[2]
備考 富内線廃線に伴い廃駅[1]
テンプレートを表示
1977年の日高三岡駅と周囲約500m範囲。上側が日高町方面。上方写真外に三岡橋があり、集落は右手沙流川対岸にある。仮乗降場スタイルの鉄骨コンクリート製の簡易型で、ホーム上日高町側に開放型の待合所を有していた。周囲には一軒の民家と畑が見えるが、現在では道路以外全て原野に戻っている。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

歴史編集

駅名の由来編集

地名より。海線三岡駅と重区別するため旧国名の「日高」を冠した[3][4]

当初この辺りの南側を三菜頃(サンナコロ)、北側を岡春部(オカシュンベ)と言い、その二集落の間に所在したため其々の頭文字から三岡、旧国名の「日高」を冠した。なお、三菜頃は後に更に南側の岩内と統合し三岩になり、岡春部は富岡になった。

駅構造編集

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の東側(日高町方面に向かって右手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた[4]

開業時からの無人駅で駅舎は無かったが、ホーム北側出入口附近にホームに屋根が掛けられた形の待合所を有していた[4]

駅周辺編集

山の中の駅であった[4]

駅跡編集

2011年(平成23年)時点では熊笹が生い茂る雑草地となっており、はっきりした位置の特定が難しい状況となっていた[6]

また、駅跡の日高町方の国道横にコンクリートで塞がれたトンネルの坑口、それに続いて擁壁落石防止用フェンスが残存していた[6]。このトンネルは1999年(平成11年)時点では塞がれておらず、「トンネル事故感知センサー」の実験に使われていた[7]

隣の駅編集

日本国有鉄道
富内線
日高岩内駅 - 日高三岡駅 - 日高町駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、866頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  2. ^ a b c “日本国有鉄道公示第109号”. 官報. (1986年10月14日) 
  3. ^ 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、127頁。
  4. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)108ページより。
  5. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)11ページより。
  6. ^ a b 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)92-94ページより。
  7. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)66ページより。

関連項目編集