日高晤郎のスーパーサンデー

日高晤郎のスーパーサンデー』(ひだかごろうのスーパーサンデー)は、1989年10月1日から1994年12月25日まで札幌テレビ放送(STV)が放送したトーク番組である。毎週日曜日の22:30 - 23:30に放送されていた。キャッチフレーズは「今夜も生放送」→「今夜も上機嫌」。

日高晤郎のスーパーサンデー
ジャンル トーク番組
放送時間 日曜日 22:30 - 23:30(60分)
放送期間 1989年10月1日 - 1994年12月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 札幌テレビ放送
出演者 日高晤郎
ほか
テンプレートを表示

目次

概要編集

当初はニュースやミニドキュメントなどを織り交ぜた情報ワイド番組だったが、のちに毎回一人のゲストを招いてのトーク中心の生番組になった。ラジオでの軽妙かつ辛口なトークを展開する日高晤郎ならではの番組が展開された。

STVホールからの公開放送で、翌週の観覧希望者を電話で募り、応募者多数の場合は抽選により決定する形を採っていた。ただし、STVホール以外での放送になる際には対応が異なっていた。

また、STVラジオの電波が青森県津軽地方下北地方など)にも届き、北海道内ほどではないものの、青森県でも日高の知名度が高かったため[要出典]、途中から同じ日本テレビ系列青森放送まで拡大ネット放送された(1992年4月 - 1993年3月28日[1])。ネット第1回目では青森放送本社ロビーと中継で結び、そして日高の足跡も紹介された。中継では大友寿郎アナウンサーリポーターで登場した。

局部露出事件と番組の終了編集

番組スポンサーサッポロビールがついていたため、日高とゲストのトークの際にはビールが用意され、実際に飲みながらトークが展開された。そのため、吉幾三がゲスト出演した1992年9月20日の放送では、ビールを飲みすぎた吉が泥酔状態となりカメラの前で尻を露出。これに対する視聴者からの苦情がSTVに殺到したため、STVは急遽翌週の同番組の放送を休止し、特別番組に切り替えた。

この事件以降は当日に事前収録しての放送に変更された。さらに、一部提供スポンサーが廃業し、撤退するなどの諸事情があったことから、1994年12月25日をもって5年3か月間の放送に幕を下ろした。

ゲスト出演者編集

(順不同)

歴代アシスタント編集

全て出演当時はSTVアナウンサー。

  • 谷口祐子(初回-1991年9月)
  • 河野好信(同上)
  • 高山幸代(1991年10月-最終回)
  • 小町裕之(1991年10月-1992年?月)

スタッフ編集

  • プロデューサー:中尾則幸
  • ディレクター:一ノ渡朋典

脚注編集

  1. ^ 青森放送では、日本テレビで該当時間に放送していた『笑撃的電影箱』の時差ネットを行っていたが、本番組打ち切りと同時に、同時ネットに移行した。
  2. ^ 中村玉緒が出演した翌週に出演。そのような企画だった。
  3. ^ 元・ピンク・レディー。当時の芸名はMIE。
  4. ^ 元・ピンク・レディー。MIEが出演した翌週に出演。そのような企画だった。
  5. ^ 1991年3月31日釧路市にある太平洋炭砿の福利厚生施設・ヒルトップからの公開生放送分に出演。
STVテレビ 日曜日 22:30 - 23:30枠
前番組 番組名 次番組
華麗な刑事デンプシー&メイクピース
日高晤郎のスーパーサンデー
ザ・ハットスクワッド