日高村

日本の高知県高岡郡の村

日高村(ひだかむら)は、高知県の中部、高岡郡にあるである。

ひだかむら ウィキデータを編集
日高村
日高村旗
日高村旗
日本の旗 日本
地方 四国地方
都道府県 高知県
高岡郡
市町村コード 39410-6
法人番号 2000020394106 ウィキデータを編集
面積 44.85km2
総人口 4,576[編集]
推計人口、2024年5月1日)
人口密度 102人/km2
隣接自治体 土佐市吾川郡いの町高岡郡佐川町越知町
日高村役場
村長 戸梶眞幸
所在地 781-2153
高知県高岡郡日高村本郷61番地1
北緯33度32分06秒 東経133度22分24秒 / 北緯33.53511度 東経133.37322度 / 33.53511; 133.37322座標: 北緯33度32分06秒 東経133度22分24秒 / 北緯33.53511度 東経133.37322度 / 33.53511; 133.37322
地図
村役場位置

外部リンク 公式ウェブサイト

日高村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
村内風景

地理 編集

高知県の県庁所在地・高知市からは西に約16km程の内陸の場所に位置し、村内全域が仁淀川およびその支川の流域となっている。仁淀川は村域北側のいの町との境、越知町との境を流れている。北部と南部は山が連なり、村域中央が盆地となっている。ここを仁淀川の支川の日下川が流れており、これに沿って東西に通過する幹線交通網の国道33号やJR土讃線や町役場などの主要施設が所在している。

 
仁淀川と名越屋沈下橋

地形 編集

山地 編集

主な山
  • 大滝山
  • 錦山

河川 編集

主な川

人口 編集

 
日高村と全国の年齢別人口分布(2005年) 日高村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 日高村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

日高村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体 編集

 高知県

歴史 編集

沿革 編集

昭和

災害 編集

施設 編集

警察 編集

消防 編集

郵便局 編集

主な郵便局

文化施設 編集

博物館 編集

  • 日高酒蔵ホール

運動施設 編集

  • 日高村総合運動公園

経済 編集

農業 編集

高知県はフルーツトマトの発祥の地と言われ[2]、県内各地でブランドトマトの生産が行われている。日高村では糖度が8以上のシュガートマトと呼ばれるブランドトマトの栽培が行われている。村おこしの取り組みとして、村内で日高村産シュガートマトを使ったオムライスを提供する飲食店を総称して「日高村オムライス街道」としてPRをしている[3]

他の野菜、茶の栽培も盛ん。

商業 編集

主な商業施設

工業 編集

  • 土佐和紙

教育 編集

 
日下小学校

村内に高等学校はなく、概ね高知市須崎市の高校に進学する。

中学校 編集

村立
  • 日高村立日高中学校
  • 日高村佐川町学校組合立加茂中学校

小学校 編集

村立
  • 日高村立日下小学校
  • 日高村佐川町学校組合立加茂小学校
  • 日高村立能津小学校

特別支援学校 編集

県立
  • 高知県立日高養護学校

幼児教育 編集

保育園 編集

  • 加茂保育園
  • 日下保育園

交通 編集

 
日下駅
 
岡花駅

鉄道 編集

中心となる駅:日下駅

四国旅客鉄道

バス 編集

路線バス 編集

道路 編集

国道 編集

  • 国道33号
    • 沿道に農産物販売などを行う「村の駅ひだか」が開設されている[4]

観光 編集

 
土佐国二宮である小村神社

名所・旧跡 編集

主な城郭
主な寺院
主な神社

観光スポット 編集

  • 猿田洞(1858年に発見された鍾乳洞。村の指定文化財。江戸時代の忍者のちに盗賊の日下茂平(後述)が修行した場との伝説が残る)[5]
  • レストラン高知(現代企業社のレストラン)
  • 澁谷食品
  • 屋根の上のガチョウ(現代企業社のケーキカフェ)
  • たこ焼きコロコロ
  • 日高村オムライス街道(日高村産の高糖度トマトであるシュガートマトを使ったオムライスを数々のレストランで提供、応援ソングはリベットボタンの「トマトの神様」)
  • 村の駅ひだか
  • 渋川トンボ公園

集落活動センター 編集

出身・関連著名人 編集

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ 平成26年の主な水害・土砂災害”. 国土交通省 (2014年). 2023年6月3日閲覧。
  2. ^ 高糖度トマト。極上トマトはフルーツに負けない甘さです高知まるごとネット2017年4月1日
  3. ^ フルーツトマト発祥の地、高知県が誇る冬春の特産 「トマト」PRTIMES2018年2月23日
  4. ^ 村の駅ひだかへのアクセス(2019年4月14日閲覧)。
  5. ^ 【晴れ時々OFF】忍者も修行高知の鍾乳洞へ毎日新聞』朝刊2018年12月11日(くらしナビ面)2019ねん4月14日閲覧。
  6. ^ 集落活動センターとは|えいとここうち”. www.eitoko.jp. 2022年9月11日閲覧。

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集