メインメニューを開く

日高町 (北海道)

日本の北海道の町

日高町(ひだかちょう)は、北海道日高振興局(旧・日高国)北部にある

ひだかちょう
日高町
門別競馬場のブリーダーズゴールドカップ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 日高振興局
沙流郡
団体コード 01601-2
法人番号 6000020016012
面積 992.11km2
総人口 12,186
住民基本台帳人口、2018年9月30日)
人口密度 12.3人/km2
隣接自治体 帯広市河西郡芽室町
沙流郡平取町新冠郡新冠町
勇払郡むかわ町勇払郡占冠村
空知郡南富良野町上川郡清水町
町の木 カシワ[1]
町の花 サクラソウ[2]
他のシンボル -
日高町役場
町長 大鷹千秋
所在地 059-2192
北海道沙流郡日高町門別本町210-1
北緯42度28分49.1秒東経142度4分27.4秒
HidakaTownOffice.JPG
外部リンク 北海道日高町

日本地域区画地図補助 01570.svg

日高町 (北海道)位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

2006年平成18年)3月1日に、当時互いに接していなかった(旧)日高町と門別町の2町が廃置分合(新設合併)して現在の「日高町」となった。町役場は旧・門別町の地域にある。

自治体名の由来は、日高山脈の麓にあることから。なお、ほぼ同時期に誕生した新ひだか町は別の自治体である。

目次

地理編集

日高振興局北部の沙流川上流から下流にかけて位置する。胆振上川十勝の3つの振興局に接し、日高振興局の玄関口となる町。南部は太平洋に面する。東部のほとんどは森林。

日高地区を東西に国道274号が走る。道央と道東を結ぶ幹線道路のため、交通量が多い。両脇を森林に囲まれた道路で「石勝樹海ロード」と呼ばれる。

  • 山: 糠平山 (1350) 、ペケレベツ岳 (1532) 、芽室岳 (1754) 、チロロ岳 (1880)、ペンケヌーシ岳 (1750)、北戸蔦別岳 (1912m)
  • 河川: 沙流川、パンケヌーシ川、千呂露川、門別川、厚別川
  • 湖沼:

隣接している自治体編集

人口編集

 
日高町と全国の年齢別人口分布(2005年) 日高町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 日高町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
日高町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

沿革編集

門別町#沿革も参照
  • 1881年明治14年)- 岩根牧場の開設。
  • 1919年大正8年)- 沙流郡幌去村(ほろさる、現平取町)から分村、沙流郡右左府村(うさっぷ)
  • 1923年(大正12年)- 2級町村制
  • 1943年昭和18年)- 日高村に改称。同年、村内の地名を以下のように再編。
    • 右左府 → 日高
    • 岡春部(おかしゅんべ) → 富岡
    • 三菜頃(さんなころ)・岩内(統合) → 三岩
    • 千呂露(ちろろ) → 千栄
  • 1962年(昭和37年)- 町制施行、日高町
  • 1997年平成9年)- 門別競馬場が開設される。
  • 1999年(平成11年) - 門別温泉の開湯。
  • 2006年(平成18年)3月1日 - 沙流郡門別町との廃置分合(合体)により現・日高町が設置される。

門別町との合併の経緯編集

2002年、山間部の日高町は自治体経営が深刻化していたため、郡内の平取町、門別町との3町で合併研究会を発足させた。後に協議会に発展し、2003年までにさらに隣接する穂別町、鵡川町が加わる。しかし、平取町が域内最大人口の門別町との合併に難色を示し、この態度に鵡川町、穂別町が協議会を離脱。その後なおも平取町は門別町との合併に否定的だったため、日高町は意思決定のため2004年8月に住民投票を実施し、町民の6割が3町合併を望む(1/4は平取町との2町合併を希望)、という結論を得た。しかし直後の9月に平取町は単独町政を継続するとして協議会を離脱してしまう。止むなく平取町を除いた飛び地となる2町での合併検討に入り、翌2005年に再び住民投票を実施、日高町民の7割が合併賛成という意志を示した。当初に平取町役場を新町役場とする案が頓挫し、新町役場を門別町に、新町名を「日高町」とすることが決まり、2005年3月に2町で合併を調印、翌年新町制施行が決定した。合併後の町域は日高地区(旧日高町域)が門別地区(旧門別町域)よりも広い。[3]

経済編集

  • 門別地区は稲作、畑作、酪農、馬産、漁業などが主産業。漁業ではシシャモの孵化放流事業[4]を行っている。
  • 日高地区は畑作、林業などが主産業。

立地企業編集

金融機関編集

農協・漁協編集

  • 門別町農業協同組合(JA門別)
    • 本所
    • 厚賀支所
  • びらとり農業協同組合(JAびらとり)
    • 日高支所
    • 富川支所
  • ひだか漁業協同組合

郵便局編集

  • 門別郵便局(集配局)
  • 日高郵便局(集配局)
  • 富川郵便局(集配局)
  • 厚賀郵便局(集配局)

宅配便編集

公共機関編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

  • 厚賀、富川、門別、日高

小学校編集

  • 厚賀、里平、富川、門別、日高

交通編集

 
日高門別駅

鉄道編集

旧日高町にはかつて国鉄富内線が通っていたが、1986年(昭和61年)に廃止され道南バスが代替バスを運行。

また、現在日高本線は2016年 (平成28年)の台風被害により苫小牧駅鵡川駅の区間でしか運行しておらず、鵡川駅以降はJR北海道の代行バスによる運行が行われている。

バス編集

  • 道南バス
    • 高速ペガサス号
    • 高速ひだか号
    • 特急うらかわ号
    • 特急ひだか号
    • 富川駅 - 平取町 - 振内 - 日高ターミナル
  • 日高町営バス
    • 富川駅 - 門別本町 - 広富地区・豊郷地区・清畠地区
    • 日高総合支所(旧・日高町役場) - 占冠駅

タクシー編集

  • 富川ハイヤー
  • 門別ハイヤー
  • 厚賀ハイヤー
  • 日高ハイヤー

道路編集

 
道の駅樹海ロード日高

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

文化財編集

重要無形民俗文化財編集

  • アイヌ古式舞踊 - 門別ウタリ文化保存会

史跡編集

  • シベチャリ川流域チャシ跡群及びアッペツチャシ跡

天然記念物編集

  • 沙流川源流原始林

登録有形文化財編集

  • 飯田家住宅座敷棟[5]
  • 飯田家住宅主屋[6]

その他編集

  • 門別富仁家墳墓群 - 北海道指定史跡

観光編集

 
日高国際スキー場
 
門別競馬場の「とねっこゲート」

日高町出身の有名人編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集