旧制中等教育学校の一覧 (京都府)

ウィキメディアの一覧記事
旧制中等教育学校の一覧 > 旧制中等教育学校の一覧 (京都府)

京都府における旧制中等教育学校の一覧(きゅうせいちゅうとうきょういくがっこうのいちらん)とは、学制改革前(第二次世界大戦前)の京都府内での旧学制の中等教育学校をまとめた一覧である。

旧制中学校編集

公立編集

私立編集

  • 同志社尋常中学校(1896年)⇒ 同志社中学校 ⇒《新制》同志社高等学校
  • 京都府下小教校 ⇒ 大谷尋常中学校 ⇒ 真宗第一中学寮 ⇒ 真宗京都中学 ⇒ 大谷中学校 ⇒ 《新制》大谷中学校・高等学校
  • 花園中学校 ⇒ 臨済学院中等部 ⇒ 《新制》花園中学校・高等学校
  • 勧学院 ⇒ 浄土宗総本山宗学校 ⇒ 西部大学林 ⇒ 第五教区宗学教校 ⇒ 東山中学校(1912年)⇒《新制》東山高等学校
  • 総黌 ⇒ 私立古義真言宗聯合高等中学校(1902年)⇒ 真言宗京都中学 ⇒ 東寺中学校 ⇒《新制》東寺高等学校 ⇒ 洛南高等学校
  • 私立京都中学(1906年) ⇒ 京都中学校 ⇒ 《新制》京都高等学校(1951年:閉校)[1]
  • 清和普通学校 ⇒ 清和中学校(1906年)⇒ 立命館中学校 ⇒《新制》立命館高等学校
  • 連合般若林(1892年) ⇒ 紫野中学 ⇒ (閉校)
  • 金亀教校 ⇒ 第三仏教中学校(1902年)⇒ 私立平安中学校 ⇒《新制》平安高等学校 ⇒ 龍谷大学付属平安高等学校
  • 西山派普通学寮 ⇒ 聖峰中学(1919年) ⇒ 聖峯中学校(1943年) ⇒ 《新制》聖峰高等学校(1950年:閉校)[2]
  • 京都正則予備校 ⇒ 両洋中学 ⇒ 《新制》京都両洋高等学校

高等女学校編集

公立編集

  • 新英学校及女紅場(1872年)⇒ 英女学校及女紅場(1874年)⇒ 女学校及女紅場(1876年)⇒ 京都府女学校及女紅場(1877年)⇒ 京都府女学校(1882年)⇒ 京都府高等女学校(1887年)⇒ 京都府立第一高等女学校(1904年)⇒ 京都府立京都第一高等女学校(1923年)⇒《新制》京都府立鴨沂高等学校 [3][4][5][注釈 1]
  • 京都府立第二高等女学校(1904年)⇒ 京都府立京都第二高等女学校(1923年)⇒《新制》京都府立朱雀高等学校 [5]
  • 南桑田郡立高等女学校(1904年)⇒ 京都府立亀岡高等女学校 ⇒《新制》京都府立亀岡高等学校
  • 与謝郡立高等女学校(1906年)⇒ 京都府立宮津高等女学校 ⇒《新制・統合》京都府立宮津高等学校 ⇒(2020年:統合)京都府立宮津天橋高等学校
  • 加佐郡立高等女学校(1906年)⇒ 京都府立舞鶴高等女学校 ⇒ 京都府立舞鶴第一高等女学校 ⇒《新制》京都府立西舞鶴女子高等学校 ⇒(1948年:統合)京都府立西舞鶴高等学校
  • 船井郡立高等女学校(1908年)⇒ 京都府立園部高等女学校(1923年)⇒(1926年:閉校)
  • 京都府天田郡立高等女学校(1909年)⇒ 京都府立福知山高等女学校 ⇒《新制》京都府立福知山女子高等学校 ⇒(1948年:統合)京都府立福知山高等学校
  • 京都府立桃山高等女学校(1918年:京都府女子師範学校に併設)⇒《新制》京都府立桃山女子高等学校 ⇒(1948年:統合)京都府立桃山高等学校 [注釈 2]
  • 何鹿郡立女子実業学校 ⇒ 京都府何鹿高等女学校(1920年)⇒ 京都府立綾部高等女学校 ⇒《新制》京都府立綾部高等学校
  • 京都府立東舞鶴高等女学校(1940年)⇒ 京都府立舞鶴第二高等女学校 ⇒《新制》京都府立東舞鶴女子高等学校 ⇒(1948年:統合)京都府立東舞鶴高等学校
  • 京都府立嵯峨野高等女学校(1941年)⇒(1948年:閉校) ⇒《新制》(1950年:再発足)京都府立嵯峨野高等学校 [6]
  • 峰山町立峰山女学校 ⇒ 峰山町立峰山実科高等女学校 ⇒ 京都府立峰山高等女学校(1943年)⇒《新制》京都府立峰山高等学校
  • 京都府立城南高等女学校(1943年)⇒《新制》京都府立城南高等学校 ⇒(2009年:統合)京都府立城南菱創高等学校
  • 京都市立高等女学校(1908年)⇒ 京都市立第一高等女学校(1922年)⇒ 京都市立堀川高等女学校(1928年)⇒《新制》京都市立堀川高等学校 [5]
  • 京都市立第二高等女学校(1922年)⇒ 京都市立二条高等女学校(1928年)⇒(1948年:閉校) [5]
  • 私立板橋裁縫専修学校(1901年)⇒(1918年:伏見町に移管)伏見町立女子手芸学校 ⇒ 伏見町立女子実科高等女学校(1929年)⇒ 伏見市立女子実科高等女学校(1929年)⇒ 京都市立伏見女子実科高等女学校(1931年)⇒(1948年:閉校) [5]

私立編集

実業学校編集

公立編集

  • 京都府農牧学校(1876年)⇒ 船井郡立実業学校(1908年)⇒ 京都府立須知農学校(1923年)⇒《新制》京都府立須知農業高等学校 ⇒ 京都府立須知高等学校(1948年)
  • 京都府蚕糸業組合立高等養蚕伝習所(1893年)⇒ 京都府蚕糸業組合立京都蚕業講習所(1897年)⇒ 京都府蚕糸業組合立城丹蚕業講習所(1898年)⇒ 京都府立城丹蚕業講習所(1918年)⇒ 京都府立城丹農事講習所(1919年)⇒ 京都府立城丹蚕業学校(1924年)⇒ 京都府立城丹実業学校(1942年)⇒《新制》京都府立城丹農業高等学校 ⇒(1949年:統合)京都府立綾部高等学校
  • 相楽郡立農学校(1901年)⇒ 相楽郡立農林学校(1902年)⇒(1922年:京都府に移管)京都府立木津農学校 ⇒《新制》京都府立木津農業高等学校 ⇒ 京都府立木津高等学校(1948年)
  • 熊野郡立農林学校(1902年)⇒ 京都府立久美浜農学校(1923年)⇒《新制》京都府立久美浜高等学校 ⇒(2020年:統合)京都府立丹後緑風高等学校
  • 加佐郡立河守蚕業学校(1908年)⇒(1923年:京都府に移管)京都府立河守蚕業学校 ⇒ 京都府立河守農蚕業学校(1940年)⇒ 京都府立河守農業学校(1943年)⇒《新制》京都府立河守農業高等学校 ⇒ 京都府立河守高等学校 ⇒ 京都府立大江高等学校(1959年)
  • 南桑田郡立実業学校(1919年)⇒(1923年:京都府に移管)京都府立亀岡農学校 ⇒《新制》京都府立亀岡農業高等学校 ⇒(1948年:統合)京都府立亀岡高等学校 ⇒(1983年:農業課程が分離独立)京都府立農芸高等学校
  • 京都府立北桑田農林学校(1944年)⇒《新制》京都府立北桑田高等学校
  • 福知山市立農学校(1944年)⇒《新制・統合》京都府立福知山高等学校 ⇒(1963年:農業科募集停止)
  • 京都府水産講習所(1898年:与謝郡宮津町)⇒ 京都府立宮津水産学校(1942年)⇒《新制》京都府立水産高等学校 ⇒ 京都府立海洋高等学校(1898年)
  • 京都府立工業学校 ⇒ 京都府立峰山工業学校 ⇒《新制》京都府立峰山工業高等学校 ⇒(統合)京都府立峰山高等学校
  • 京都府画学校 ⇒ 京都市美術学校 ⇒ 京都市美術工芸学校 ⇒ 京都市立美術工芸学校 ⇒《新制》京都市立銅駝美術工芸高等学校
  • 京都染工講習所 ⇒ 京都市染織学校 ⇒ 京都市立工業学校 ⇒ 京都市立第一工業学校 ⇒《新制》京都市立洛陽工業高等学校
  • 京都市立第二工業学校 ⇒《新制》京都市立伏見工業高等学校 ⇒ 京都市立伏見高等学校 ⇒ 京都市立伏見工業高等学校
  • 京都府立向陽工業学校(1943年)⇒ 京都府立向陽農業学校(1946年)⇒《新制・統合》京都府立桂高等学校
  • 京都府立宮津実業高等学校 ⇒《新制》京都府立宮津高等学校
  • 京都府商業学校 ⇒ 京都市立第一商業学校 ⇒《新制》京都市立西京高等学校・附属中学校
  • 京都市立第二商業学校 ⇒《新制》京都市立西陣商業高等学校(1948年:閉校)
  • 京都市立第三商業学校 ⇒(閉校)
  • 京都府立簡易商業学校 ⇒ 京都市立簡易商業学校 ⇒ 京都市立商業実修学校 ⇒ 京都市立四条商業学校 ⇒ (閉校)
  • 京都市立専修商業学校
  • 京都府宮津商業学校 ⇒ 《新制・統合》京都府立宮津高等学校
  • 京都市立松原商務学校

私立編集

夜学編集

  • 京都府立夜間中学 ⇒ 京都府立二中夜間中学 ⇒ 京都府立上鳥羽中学校 ⇒ 京都府立鳥羽高等学校 ⇒ 京都府立朱雀高等学校定時制 ⇒ 京都府立鳥羽高等学校定時制
  • 京都府立一中夜間中学 ⇒ 京都府立賀茂中学校 ⇒ 京都府立賀茂高等学校定時制 ⇒ 京都府立鴨沂高等学校定時制
  • 京都府立三中夜間中学 ⇒ 京都府立雙陵中学校 ⇒ 京都府立雙陵高等学校定時制 ⇒ 京都府立山城高等学校定時制
  • 立命館夜間中学 ⇒ 立命館第四中学 ⇒ 立命館第四中学校 ⇒ 立命館夜間高等学校
  • 京都府立桃中夜間中学 ⇒ 京都府立伏見中学校 ⇒ 京都府立柏原高等学校定時制 ⇒ 京都府立桃山高等学校定時制
  • 成安高等継日女学校 [注釈 9]
  • 京都工科学校 [注釈 10]

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 京都府高等女学校(1887年)成立までは重久[4]に拠った。和崎光太郎の示す「京都市内の高等女学校の変遷」によれば、京都府高等女学校成立までの名称変更は「新英学級及女紅場(1872年)⇒ 京都女学校及女紅場(1876年)⇒ 京都府女学校(1882年)⇒ 京都府高等女学校(1887年)」[5]
  2. ^ 和崎光太郎の示す「京都市内の高等女学校の変遷」によれば、学制改革後は「京都師範学校女子部」に統合とある[6]
  3. ^ 和崎光太郎の示す「京都市内の高等女学校の変遷」によれば、京都ホーム(1876年)⇒ 同志社分校女紅場(1877年) ⇒ 同志社女学校 (1877年) ⇒ 同志社学院女学校 (1888年) ⇒ 同志社女学校 (1889年)⇒同志社高等女学部(1930年)⇒同志社高等女学校(1945年)。
  4. ^ 和崎光太郎の示す「京都市内の高等女学校の変遷」によれば、「文中女学校」が1907年創立の「京都高等女学校」を1910年に併合し、名称は「京都高等女学校」となった[10]
  5. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.232
  6. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.232
  7. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.237によれば京都市二条御前に所在。
  8. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.237によれば京都市松ヶ崎に所在。
  9. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.231によれば夜間学校。
  10. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.237によれば夜間学校。
  11. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.220によれば、宇治町興聖寺に所在。5年制の宗教系学校。
  12. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.220によれば、京都市左京区北白川に所在。
  13. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.221
  14. ^ 『中等教育諸学校職員録 昭和12年版』p.221によれば、舞鶴町に所在。2年制。

出典編集

  1. ^ メインページ”. 一般財団法人京都高等学校. 2021年4月8日閲覧。
  2. ^ 京都にあった、聖峯中学校(旧制)について知りたい。”. レファレンス協同データベース. 2021年4月7日閲覧。
  3. ^ 歴史と環境”. 京都府立鴨沂高等学校. 2021年4月7日閲覧。
  4. ^ a b 重久篤太郎 1973, pp. 101-104.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 和崎光太郎 2015, pp. 16-17.
  6. ^ a b c d e 和崎光太郎 2015, p. 16.
  7. ^ 同志社の歴史”. 学校法人同志社. 2021年4月7日閲覧。
  8. ^ 歴史概要”. 同志社女子大学. 2021年4月7日閲覧。
  9. ^ 学校の沿革”. 平安女学院中学校・高等学校. 2021年4月7日閲覧。
  10. ^ 和崎光太郎 2015, p. 17.

参考文献編集

関連項目編集