旧居留地・大丸前駅

日本の兵庫県神戸市中央区にある神戸市交通局の駅

旧居留地・大丸前駅(きゅうきょりゅうち・だいまるまええき)は、神戸市中央区三宮町三丁目にある神戸市営地下鉄海岸線である[1]。駅番号はK02

旧居留地・大丸前駅
Kyukyorhuchi-daimarumae-eki-1.jpg
駅出入口と大丸神戸店
きゅうきょりゅうち・だいまるまえ
Kyūkyoryūhi-Daimarumae
K01 三宮・花時計前 (0.5km)
(0.8km) みなと元町 K03
所在地 神戸市中央区三宮町三丁目
駅番号  K02 
所属事業者 神戸市交通局神戸市営地下鉄
所属路線 海岸線
キロ程 7.4km(新長田起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
2,011人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 2001年平成13年)7月7日[1]
乗換 JR・阪神元町駅
テンプレートを表示
プラットホーム

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線の地下駅である[1]

地下2階にコンコース、改札があり、地下3階にプラットホームがある。

地下通路により大丸神戸店(本館)旧居留地、及び三宮駅方面と接続している[2]。地下通路を通って隣駅の三宮・花時計前駅までまっすぐ歩くこともできる[1]

周辺には大丸神戸店のほか、旧居留地界隈、元町通商店街南京町中華街など神戸を代表する商業地や観光地が位置しており、駅イメージテーマを「エキゾチックシティ」とした。コンコース通路には、旧居留地にある洋風建築に倣い、オーダーを壁面にデザインし、旧居留地の雰囲気を駅の中にも表現した。駅全体の色調をグレーで統一し、この駅を訪れる乗客の色彩が引き立つようにした。ホームの対向壁は地下に差し込む光の筋をドットで表現している。また、コンコースから大丸神戸店につながる通路の壁は大理石調の大判タイルで仕上げるとともに、光の色が変わる壁面照明を設置し、鮮やかな印象が残るように配慮した。また、壁面にはコルトンやウィンドウを設置し、商業施設への期待感を高めている。

のりば編集

ホーム 路線 行先
1  海岸線 三宮・花時計前行き
2 新長田方面

利用状況編集

2018年度の1日平均乗車人員2,011人である[3]。開業から2006年度までは上昇傾向にあったが、それ以降は減少し、2009年度以降は開業時の乗車人員を下回っている。

  • 2000年度の時点では、2005年度の予測乗車人員は11,772人であった[4]。しかし、現在も乗車人員は計画時の2割にも満たない。

開業以降の1日平均乗降・乗車人員は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 2,188
2002年(平成14年) 2,081
2003年(平成15年) 2,285
2004年(平成16年) 2,303
2005年(平成17年) 4,479 2,350
2006年(平成18年) 2,396
2007年(平成19年) 2,334
2008年(平成20年) 2,216
2009年(平成21年) 1,945
2010年(平成22年) 1,900
2011年(平成23年) 1,860
2012年(平成24年) 1,955
2013年(平成25年) 2,030
2014年(平成26年) 1,953
2015年(平成27年) 1,930
2016年(平成28年) 1,906
2017年(平成29年) 1,952
2018年(平成30年) 2,011

駅周辺編集

大丸神戸店と地下で直結している。周囲は元町通商店街、日本の三大中華街の一つである南京町[5]旧居留地である。

近隣の鉄道路線編集

※およそ100メートル北
※県庁前駅はおよそ300メートル北。

その他周辺施設編集

発着バス路線編集

  • 神戸市バス(元町1丁目停留所)
    • 2系統 野崎通・青谷・篠原・阪急六甲方面行き(2号出口前)
    • 90系統 メリケンパーク・中突堤行き(大丸西側)
    • 90系統・92系統 上筒井・水道筋・石屋川車庫前・石屋川方面行き(2号出口前)
  • 2系統と92系統は当停留所始発で本数も多い。

その他編集

隣の駅編集

  神戸市営地下鉄
 海岸線
三宮・花時計前駅 (K01) - 旧居留地・大丸前駅 (K02) - みなと元町駅 (K03)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、235頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ 旧居留地・大丸前駅構内ご案内図
  3. ^ 神戸市:神戸市交通局 事業概要
  4. ^ 地下鉄海岸線事後評価 (PDF) - 神戸市、2007年3月
  5. ^ 特集 日本三大中華街を極める!”. アサヒビール. 2013年9月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集