旧長崎大司教館(きゅうながさきだいしきょうかん)は、長崎県長崎市南山手にある県文化財に指定される歴史的建造物。

旧長崎大司教館
Former the archbishop hall of the Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki03s3.jpg
情報
旧名称 カトリック長崎大司教館
用途 学校
旧用途 キリスト教施設
設計者 マルク・マリー・ド・ロ鉄川与助
施工 鉄川与助
建築主 カトリック長崎大司教区
管理運営 カトリック長崎大司教区
構造形式 煉瓦造、一部木骨煉瓦造・木造
建築面積 490平方メートル m²
階数 地上3階・地下1階
竣工 1915年
所在地 長崎県長崎市南山手町5-3
座標 北緯32度44分4秒
東経129度52分11.7秒
座標: 北緯32度44分4秒 東経129度52分11.7秒
テンプレートを表示
大浦天主堂(左)と旧長崎大司教館(右)と旧羅典神学校(中央奥)

概要編集

カトリック長崎司教区(現・カトリック長崎大司教区)の司教館(司教公邸)として、パリ外国宣教会宣教師マルク・マリー・ド・ロMarc Marie de Rotz)と鉄川与助の共同設計、鉄川与助の施工により1915年大正4年)に竣工した。当時の司教座聖堂であった大浦天主堂に隣接して建てられ、1962年昭和37年)に司教座聖堂が浦上教会に移された後も、1989年平成元年)に現在の大司教館が浦上教会の近くに新築されるまでの間、大司教館として使用されていた。

日本のカトリック教会大司教区(東京・大阪・長崎)の司教館の中で、唯一ほぼ完全な形で現存する戦前の遺構である。その歴史的かつ建築史的価値の高さと希少性から、2011年平成23年)3月に県の文化財に指定された[1]。また、2007年(平成19年)にユネスコ世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の中では「大浦天主堂と関連施設」として構成資産の一つにもなっている[2]

現在は、カトリック長崎大司教区が運営する「長崎コレジオ」として、司祭を目指す神学生の寄宿学習施設になっている。

建築概要編集

  • 所有者 - カトリック長崎大司教区
  • 設計 - マルク・マリー・ド・ロ、鉄川与助
  • 竣工 - 鉄川与助
  • 構造 - 煉瓦造、一部木骨煉瓦造・木造
  • 規模 - 地上3階・地下1階
  • 屋根 - 北側は切妻、南側は和瓦の寄棟
  • 間口 - 35.86メートル
  • 奥行 - 13.68メートル
  • 建築面積 - 490平方メートル

所在地編集

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長崎県の文化財 旧長崎大司教館 長崎県学芸文化課
  2. ^ 長崎の教会群とキリスト教関連遺産 大浦天主堂と関連施設 長崎県世界遺産登録推進課

関連項目編集

外部リンク編集