メインメニューを開く

旧雄物川橋梁(きゅうおものがわきょうりょう)は、秋田県秋田市にある旧雄物川(秋田運河)に架かる秋田臨海鉄道秋田臨海鉄道線(南線)の鉄道橋である。

旧雄物川橋梁
Akita Canal Bridge.png
テンプレートを表示

目次

概要編集

本橋梁は、秋田臨海鉄道線(南線)の建設工事に伴って1971年(昭和46年)に完成した。秋田港駅 - 向浜駅[1]雄物川水系である旧雄物川(秋田運河)に架かる橋梁である。貨物専用線のため旅客列車が通ることはなく[2]、一日3往復の貨物列車が設定されている。

構造編集

単線下路式平行弦ワーレントラス1連 + 単線上路式プレートガーダー2連から構成される。

その他編集

当橋梁は秋田臨海鉄道線(南線)屈指の撮影スポットとなっている[3]

隣の橋編集

(旧雄物川河口) - 旧雄物川橋梁 - 新港大橋 - 臨海大橋 - (上流)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 建設当時は、穀保町駅 - 向浜駅間。
  2. ^ 1986年(昭和61年)7月18日 - 8月25日の「秋田博覧会」の会期中に、臨時旅客列車が通過している。
  3. ^ 会 社 紹 介 - 秋田臨海鉄道

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯39度43分44.1秒 東経140度4分36.9秒