早乙女勝元

日本の小説家 (1932-2022)

早乙女 勝元(さおとめ かつもと、1932年3月26日 - 2022年5月10日)は、日本の作家児童文学作家東京府東京市足立区出身。

早乙女 勝元
(さおとめ かつもと)
誕生 (1932-03-26) 1932年3月26日
東京府東京市足立区
死没 (2022-05-10) 2022年5月10日(90歳没)
埼玉県
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京都立墨田川高等学校
ジャンル 平和文学
デビュー作 『下町の故郷』(1952年)
活動期間 1952年 - 2022年
テンプレートを表示

生涯編集

1945年3月10日未明、12歳の時に東京大空襲を体験し、九死に一生を得る。この体験が生涯にわたる反戦・平和運動の原点となった。

1946年義務教育を終え、鐘紡附属東京理化学研究所(当時)に少年工として勤務する。かたわら旧制都立第七中学校(現・都立墨田川高校)夜間部に入学。

1952年に「下町の故郷」で直木賞候補。

1956年、「ハモニカ工場」で作家として独立[1]

1962年に音楽大学を卒業したばかりの金子直枝と結婚。直枝は小学校教師となった。

1970年に「東京空襲を記録する会」を結成[1]

2002年東京都江東区にオープンした東京大空襲・戦災資料センター館長就任[1]2019年退任、名誉館長。

2022年5月10日、老衰のため死去[1]。90歳没。

人物編集

  • 東京の働く姿を描いた作品が多く、また反戦・平和をライフテーマとした。
  • ベトナム戦争のときの空爆被害の救援にも力をいれていた。
  • 山田洋次に「下町の太陽」制作に際してアドバイスをしており、また山田を初めて葛飾柴又に連れて行った。
  • 毎年3月9日前後には必ず朝日新聞の投書面「」に、東京大空襲を忘れてはならぬ旨、投書し採用されている。

著書編集

  • 『下町の故郷』(1952年、葦出版社)「下町の故郷 18歳の少年の手記」 (三一新書)
  • 『ハモニカ工場』(1956年、未來社)理論社、1967
  • 『美しい橋』(1957年、文理書院 のち本の泉社より再刊)
  • 『秘密』(1960年、角川書店 のち東邦出版社より再刊)
  • 『ゆびきり』(1960年、理論社)のちフォア文庫
  • 『小麦色の仲間たち』(1964年、理論社)
  • 『火の瞳』鈴木義治絵. 講談社, 1964 のち文庫、青い鳥文庫
  • 『胸さわぎ』 (銀河選書) 大和書房, 1965
  • 『青春の歯車』(1965年、理論社)
  • 『太陽がほしい!』(上・下、1968年、理論社)
  • 『輝坊といっしょに(わが子とともに1)』(直枝と共著、新日本新書・草の根出版会、1980)
  • 『下町の恋人たち』東邦出版社, 1968
  • 『愛と口笛とぼく』(1968年、東邦出版社→『それぞれの愛』に改題、草の根出版会)
  • 『おばけ煙突の歌』 (小学生文庫) 鈴木琢磨 え. 理論社, 1970
  • 『東京大空襲-昭和20年3月10日の記録』(1971年、岩波新書、ルポルタージュ)
  • 『あした私は行く』(1972年、理論社)
  • 『早乙女勝元長編青春小説集』理論社, 1972
  • 『わが街角』(1972年~1976年、新潮社、全5巻)のち文庫
  • 『猫は生きている』田島征三絵(1973年、理論社)
  • 『共働きはラクじゃないヨ』(1974年、草土文化→草の根出版会)
  • 『ベトナムのダーちゃん』遠藤てるよ画.(1974年、童心社
  • 『下町抒情』久米宏一画, 童心社, 1974
  • 『やさしく強い子に 早乙女勝元の教育論』民衆社, 1975
  • 『恋人たちの絵本』永島慎二[画]. すばる書房盛光社, 1975
  • 『がんばれダーちゃん』遠藤てるよ 画. 童心社, 1975
  • 『親になったが運のつき(わが子とともに3)』朝日新聞社, 1976 のち朝日文庫
  • 『人間として』草土文化, 1977.5
  • 『人間らしく』草土文化, 1977.5
  • 『絵本負元物語 お父さんのカレンダーおちこぼれの記』東本つね 絵. 理論社, 1978.12
  • 『絵本東京大空襲 お父さんのカレンダーあの時・この時』おのざわ・さんいち 絵. 理論社, 1978.6
  • 『それぞれの恋』草土文化, 1979.11
  • 『それぞれの愛』草土文化, 1979.11
  • 『わが子わが夢 生活と教育に関する覚え書』草土文化, 1979.3
  • 『東京が燃えた日 戦争と中学生』(岩波ジュニア新書) 1979.6
  • 『人間ならば』草土文化, 1980.5
  • 『アウシュビッツからの手紙』岡野和絵. 草土文化, 1980.7
  • 『アウシュビッツと私』草土文化, 1980.8
  • 『おトウの子育て 末娘・愛ちゃんと歩けば』田畑精一絵. 学習研究社, 1980.9
  • 『うちの父ちゃん お父さんのカレンダー』山室正男画. 理論社, 1981.10
  • 『愛ちゃんと歩けば わが子とともに』草土文化, 1981.11
  • 『おトウの出番だ 突貫小僧にやきもき』学習研究社, 1981.12
  • 『死んでもブレストを』 (愛と平和の記録) 遠藤てるよ 画. 草土文化, 1981.12
  • 『もし私が教師だったなら』民衆社, 1981.6
  • 『平和に生きる 私の原点・東京大空襲』草土文化, 1982.11
  • 『おかあちゃんごめんね』 (愛と平和の記録) 福田庄助画. 草土文化, 1982.7
  • 『優しさと強さと アウシュビッツのコルベ神父小学館, 1983.1
  • 『わが子と訪ねた死者の森収容所』中公新書 1983.6
  • パパママバイバイ』(アニメ絵本) 山形雄策 文, 東映動画 絵. 草土文化, 1984.7
  • 『ぼくの生活夢日記』草土文化, 1985.10
  • 『小学・中学・高校生』新潮社, 1985.3
  • 『あおよかえってこい』遠藤てるよ 絵. 童心社, 1985.7
  • 『炎のあとに、君よ』新潮社, 1985.7
  • 『ターニャの日記』矢崎芳則 絵. 草土文化, 1985.7
  • 『愛といのちの日記 アンネの時代に散った少女たち』小学館, 1986.8
  • 『人間だいすき』草の根出版会, 1986.8
  • 『火の夜』鈴木たくま 画 (フォア文庫) 理論社, 1987.3
  • 『SOS!インディギルカ号』藤沢友一画. 童心社, 1987.7
  • 『失職失恋、そして…』 (わたしの青春アルバム) 草の根出版会, 1987.8
  • 『パパママバイバイ』(原作、門倉訣・詩、鈴木たくま・画、草の根出版会, 1987.9 日本図書センター 2001年2月)
  • * 1977年に発生した横浜米軍機墜落事件を題材にした絵本。初版は1979年刊(草土文化→草の根出版会)。劇場用アニメーションも作成された。
  • 『この父を越えて行け 心の内をフランクに語れば…』草の根出版会, 1988.10
  • 『生活おもしろ手帳』草の根出版会, 1988.10
  • 『さようならカバくん』鈴木義治 絵. 金の星社, 1988.2
  • 『わが子わが夢 生活と教育に関する覚え書』草の根出版会, 1988.6
  • 『炎の中のリンゴの歌 東京大空襲・隅田川レクイエム』小学館, 1988.7
  • 『とべとべひよこ』葛岡博 絵. 金の星社, 1990.3
  • 戦争と青春』(1991年、講談社)
  • 『東京大空襲ものがたり』有原誠治 絵. 金の星社, 1991.9
  • 『再会ベトナムのダーちゃん』大月書店, 1992.7
  • 『ダーちゃんは、いま』遠藤てるよ 画. 童心社, 1992.7
  • 『ベトナム"200万人"餓死の記録 1945年日本占領下で』大月書店, 1993.9
  • 『私の人生案内 教育相談なども』民衆社, 1997.11
  • 『生きることと学ぶこと』(岩波ジュニア新書) 1997.9
  • 『世界の旅から わたしの出会った女性たち』(母と子でみる)草の根出版会, 1998.6
  • 『戦争を語りつぐ 女たちの証言』(岩波新書) 1998.7
  • 『エルベの誓い』 (母と子でみる 草の根出版会, 2001.11
  • 『語りつぐ戦争 15人の伝言』河出書房新社, 2002.8
  • 『戦争と子どもたち』河出書房新社, 2003.1
  • 『図説東京大空襲』 (ふくろうの本) 河出書房新社, 2003.8
  • 『キューバに吹く風』 (母と子でみる 草の根出版会, 2004.11
  • 『ゴマメの歯ぎしり 平和を探して生きる』河出書房新社, 2004.7
  • 『早乙女勝元 炎の夜の隅田川レクイエム』 (人間の記録 日本図書センター, 2004.8
  • 『枯れ葉剤とガーちゃん』 (「写真絵本」物語ベトナムに生きて 1 草の根出版会, 2006.8
  • 『戦争孤児のダーちゃん』 (「写真絵本」物語ベトナムに生きて 2) 草の根出版会, 2006.8
  • 『ナパーム弾とキムちゃん』 (「写真絵本」物語ベトナムに生きて 3) 草の根出版会, 2006.8
  • 『人魚姫と風車の町で 「幸福度世界一」のデンマーク』 (母と子でみる 草の根出版会, 2007.11
  • 『初心そして…』草の根出版会, 2008.2
  • 『空襲被災者の一分』本の泉社, 2009.3
  • 『下町っ子戦争物語 ずっと心に残る19話』東京新聞出版部, 2010.3
  • 『ハロランの東京大空襲 B29捕虜の消せない記憶』新日本出版社, 2012.2
  • 『東京空襲下の生活日録 「銃後」が戦場化した10カ月』東京新聞, 2013.10
  • 『私の東京平和散歩(ウォーク)』新日本出版社, 2013.5
  • 『もしも君に会わなかったら』新日本出版社, 2014.9
  • 『螢の唄』 (新潮文庫 2016.2
  • 『アンネ・フランク』新日本出版社, 2017.10
  • 『プラハの子ども像 ナチス占領下の悲劇』新日本出版社, 2018.12
  • 『赤ちゃんと母(ママ)の火の夜』タミヒロコ 絵. 新日本出版社, 2018.2
  • 『その声を力に』新日本出版社, 2018.5
  • 『徴用工の真実 強制連行から逃れて13年』新日本出版社, 2019.5
  • 『ゲルニカ 無差別爆撃とファシズムのはじまり』新日本出版社, 2020.2
  • 杉原千畝とコルベ神父 生命をみつめる』新日本出版社, 2021.5

共編者編集

  • 『太平洋戦争末期の市民生活 空襲・教育・報道・衣食住 市民講座』松浦総三共編. 鳩の森書房, 1977.3
  • 万歳岬の虹 玉砕島からの証言』松浦総三,鈴木均共編著. 時事通信社, 1977.7
  • 『日本の空襲 3 東京』責任編集 日本の空襲編集委員会 編. 三省堂, 1980.4
  • 『母と子でみる東京大空襲』編. 草土文化, 1983.3
  • 『母と子でみるアウシュビッツ』編. 草土文化, 1983.8
  • 『母と子でみる日本の空襲』土岐島雄共編. 草土文化, 1984.6
  • 『母と子でみるアンネ・フランク 隠れ家を守った人たち』編. 草土文化, 1984.6
  • 『「パパママバイバイ」ノート』編. 草土文化, 1984.8
  • 『人間発見の旅 アンネ・フランクからアウシュビッツへ』編. 草土文化, 1984.9
  • 『母と子でみるターニャの詩』編. 草の根出版会, 1986.6
  • 『母と子でみる愛と平和の図書館』(1989、草の根出版会)
  • 『人間発見の旅 アンネ・フランクからアウシュビッツへ』編著. 草の根出版会, 1987.4
  • 『東京大空襲の記録 写真版』編著 (新潮文庫) 1987.7
  • 『母と子でみるアウシュビッツ』編. 草の根出版会, 1987.9
  • 『母と子でみる重慶からの手紙 日本は中国でなにをしたか2』編. 草の根出版会, 1989.9
  • 『母と子でみる南京からの手紙 日本は中国でなにをしたか1』編. 草の根出版会, 1989.9
  • 『東京を爆撃せよ 作戦任務報告書は語る』奥住喜重共著. 三省堂選書, 1990.6
  • 『母と子でみるハルビンからの手紙 日本は中国でなにをしたか3』編. 草の根出版会, 1990.7
  • 『延安からの手紙 日本軍の反戦兵士たち』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1991.3
  • 『ベトナムに春近く ダーちゃんリエンちゃんの哀歌』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1992.8
  • 『わが母の歴史』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1994.11
  • 『「戦争と青春」と私』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1994.4
  • 『戦争と子どもたち 写真・絵画集成』全6巻 (平和図書館 土岐島雄共編. 日本図書センター, 1994.6
  • 『毒ガス島』 (母と子でみる 岡田黎子共編. 草の根出版会, 1994.9
  • 柳寛順の青い空 韓国で歴史をふりかえる』 (母と子でみる) 編. 草の根出版会, 1995.8
  • 『ジュニア文学館宮沢賢治 写真・絵画集成 2 宮沢賢治の童話』編著 小松健一写真. 日本図書センター, 1996.3
  • 『プラハは忘れない』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1996.6
  • 『スーチーさんのいる国 ビルマと日本の接点』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1996.7
  • 『台湾からの手紙 霧社事件・サヨンの旅から』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1996.8
  • 『ゲルニカ ナチ爆撃のスペインの町』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1997.4
  • 『軍隊のない国コスタリカ』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1997.7
  • 『生命をみつめる 杉原領事とレーロチカのパン』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1998.5
  • 『青春の夢みる沖縄』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1999.12
  • 『イタリア・パルチザン』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 1999.7
  • 『穴から穴へ13年 劉連仁と強制連行』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 2000.11
  • 『ふたたび南京へ』 (母と子でみる 編. 草の根出版会, 2000.4
  • 『忘れないあのこと、戦争 残しておきたいわたしの戦争体験』選, 「忘れないあのこと、戦争」発刊委員会 編. 文芸社, 2001.12 のち文庫
  • 『語り継ぐ東京大空襲いま思い考えること』宗左近,豊村美恵子共著, 東京大空襲・戦災資料センター編. 東京大空襲・戦災資料センター, 2003.10
  • 『東京大空襲60年母の記録 敦子よ涼子よ輝一よ』岩波ブックレット 森川寿美子共著 2005.3
  • 『15歳が聞いた東京大空襲 女子学院中学生が受け継ぐ戦争体験』編著. 高文研, 2005.3
  • 『炎の中、娘は背中で… 3月10日、夫・子・母を失う 語り継ぐ東京大空襲』 (本の泉社マイブックレット 鎌田十六共著. 2008.3
  • 『3月10日、家族6人を失うさらに少年兵の兄まで 語り継ぐ東京大空襲』 (マイブックレット 亀谷敏子共著. 本の泉社, 2009.3
  • 『平和のための名言集』編. 大和書房, 2012.8

著作集編集

  • 『早乙女勝元小説選集』(理論社、全12巻)
  • 『早乙女勝元自選集“愛といのちの”記録』(草の根出版会、全12巻)1991-92

関連資料編集

  • 人間の記録・第153巻(日本図書センター 2004年8月)

漫画原作編集

  • ほるぷ平和漫画シリーズ第11巻『炎の街に生きる』(1984年、ほるぷ出版)
    • 東京大空襲・火の瞳(画:政岡としや、1972年、週刊少年マガジン
    • 山ゆかば!(画:あすなひろし、1970年)
    • 純情・博多っ子戦争(画:長谷川法世、1979年、アクションデラックス)

映画スタッフ編集

  • 「下町の太陽」(1963年、松竹、監督:山田洋次)早乙女は原案・構成を協力。
  • 「戦争と青春」(1991年、監督:今井正)早乙女は原作・脚本を担当。

映画・ドラマ・舞台化作品編集

映画
  • 「二人だけの橋」(1958年、東宝、監督:丸山誠治、主演:水野久美・久保明。「美しい橋」が原作)
  • 「明日をつくる少女」(1958年、松竹、監督:井上和男、主演:桑野みゆき。「ハモニカ工場」が原作)
  • 「秘密」(1960年、東映、監督:家城巳代治、主演:佐久間良子・江原慎二郎)
  • 「猫は生きている」(1975年、監督:島田開。人形劇。)
  • 「パパ ママ バイバイ」(1975年、監督:設楽博。アニメーション)
  • 「戦争と青春」(1991年、監督:今井正、主演:工藤夕貴
  • 「ベトナムのダーちゃん」(1994年、こぶしプロ・テレビ朝日、監督:後藤俊夫、主演:古谷一行)
  • 軍隊をすてた国」(2002年、あいファクトリー、監督:山本洋子、主演:仲村清子)
ドラマ
舞台
  • 「素晴らしい贈物」(1959年、新協劇団、演出:村山知義。「ハモニカ工場」が原作。後に前進座でも舞台にかかる)
  • 「小麦色の仲間たち」(1964年、東京芸術座)
  • 「青春の歯車」(1965年、労音自主製作ミュージカル、演出:山本薩夫・加藤盟、主演:九重佑三子)
  • 「秘密」 (1979年、文化座)
  • 「死んでもブレストを」(2013年、前進座 朗読劇 脚色・演出:鈴木幹二)

役職編集

受賞歴編集

  • 1971年 日本ジャーナリスト会議奨励賞(「東京大空襲-昭和二〇年三月十日の記録」)
  • 1975年 菊池寛賞・日本ジャーナリスト会議奨励賞(東京空襲を記録する会「東京大空襲・戦災誌」)[1]
  • 1992年 第15回日本アカデミー賞特別賞(『戦争と青春』で企画賞)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e "作家・早乙女勝元さん死去 東京大空襲を経験、戦災誌で菊池寛賞". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 11 May 2022. 2022年5月11日閲覧

外部リンク編集

先代
(開館)
東京大空襲・戦災資料センター館長
2002年 - 2019年
次代
吉田裕