メインメニューを開く

早川 正昭(はやかわ まさあき、1934年1月7日 - )は、日本作曲家指揮者広島大学名誉教授、新ヴィヴァルディ合奏団常任指揮者。

経歴編集

市川市出身。早くから音楽の才能を示し、6歳で最初の曲を書いた。東京大学で農学を学んだ後、東京芸術大学長谷川良夫作曲を、渡邉暁雄指揮を学び、1960年に卒業した。1961年に東京ヴィヴァルディ合奏団を創立し、日本のみならずヨーロッパ各地で公演を行った。1978年にはウィーンミュンヘンに留学し、バロック音楽を研究した。

名古屋音楽大学広島大学聖徳大学の教授を歴任。

作品は西洋の楽器や技術を使用しながらも、日本の伝統音楽の影響を受けている。

作品編集

  • トロンボーン四重奏曲「イントロダクションとアレグロ」(1960)
  • ハープのための即興曲(1964)
  • マリンバ協奏曲(1965)
  • ギターのための3つの前奏曲(1968)
  • 尺八、ヴァイオリン、打楽器と弦楽オーケストラのための「幻影」(1974)
  • ヴァイオリン協奏曲(1976)
  • マンドリンオーケストラとギターオーケストラのための「サウンドスケープ」
  • マンドリン合奏のための「秋・冬」
  • バロック風「日本の四季」
  • バロック風「台湾の四季(Four Seasons of Taiwan)」(1986)
  • 無伴奏ヴィオラ・ソナタ(2007)

外部リンク編集