早瀬 圭一(はやせ けいいち、1937年12月14日 - )は、日本ジャーナリストノンフィクション作家[1][2]、毎日新聞社客員編集委員東洋英和女学院大学名誉教授。

大阪府生まれ[3]同志社大学法学部卒業後、1961年毎日新聞入社[4]。名古屋、大阪、東京各社会部を経て、『サンデー毎日』別冊編集長。石川達三『七人の敵が居た』も担当した[3]。その後、編集局編集委員。1982年、『長い命のために』で第13回大宅壮一ノンフィクション賞受賞[4]。毎日新聞客員編集委員[4]。1993年愛知みずほ大学教授、1998年龍谷大学社会学部教授、2001年東洋英和女学院大学教授[5]、2008年同名誉教授、北陸学院大学副学長[4]・教授、2012年退任[6]

著書編集

共著

脚注編集

  1. ^ [1] 新潮社、2016年9月1日閲覧。
  2. ^ [2] 岩波書店、2016年9月1日閲覧。
  3. ^ a b MAGAZINE, P+D (2018年8月23日). “【著者インタビュー】早瀬圭一『老いぼれ記者魂 青山学院 春木教授事件四十五年目の結末』 | P+D MAGAZINE” (日本語). pdmagazine.jp. 2022年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c d 早瀬圭一 | 著者プロフィール | 新潮社” (日本語). www.shinchosha.co.jp. 2022年1月1日閲覧。
  5. ^ [3] 東洋英和女学院大学、2016年9月1日閲覧。
  6. ^ researchmap
  7. ^ ASIN B000J7WDHM, 長い命のために (1981年8月)
  8. ^ ASIN B000J7GWOC, 長い午後 女子刑務所の日々 (1983年2月)
  9. ^ 大本襲撃―出口すみとその時代 毎日新聞出版、2016年9月1日閲覧。