メインメニューを開く

地理編集

本庄市の中央部に位置する。上越新幹線北陸新幹線本庄早稲田駅周辺に広がる地域で、本庄早稲田駅周辺土地区画整理事業によって整備された(本庄早稲田の杜も参照)。早稲田大学本庄キャンパス(早稲田大学本庄高等学院)が地名や駅名の由来となっている(なお住居表示区域からははずれている)。地区内には男堀川が流れる。

沿革編集

  • 2013年平成25年)11月5日 - 第8次住居表示実施により、本庄早稲田駅周辺土地区画整理事業域内の大字北堀の一部、栗崎の一部、東富田の一部、西富田の一部(66.9ha)から 早稲田の杜1丁目~早稲田の杜5丁目が成立[4]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
早稲田の杜一丁目〜三丁目 104世帯 298人
早稲田の杜四丁目 142世帯 373人
早稲田の杜五丁目 192世帯 331人
438世帯 1,002人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
早稲田の杜一丁目 一部 本庄市立中央小学校 本庄市立本庄南中学校
その他 本庄市立北泉小学校
早稲田の杜二丁目 全域
早稲田の杜三丁目 全域
早稲田の杜四丁目 全域
早稲田の杜五丁目 全域

交通編集

鉄道編集

また、北に700mほどの場所に本庄駅がある。

道路編集

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町別世帯人口一覧表”. 本庄市 (2017年10月1日). 2017年10月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 第7次・第8次住居表示について
  5. ^ 学校教育”. 本庄市. 2017年10月27日閲覧。