メインメニューを開く

早稲田予備校(わせだよびこう)は、早稲田学園グループ(学校法人早稲田学園)によって設置されている大学受験予備校である。現在のキャッチフレーズは「次の高みを目指す人に」。

なお名前の「早稲田」とは、主な目標の一つである「早稲田大学」からきている(概説参照)。ただし、予備校を運営する早稲田学園自体は学校法人早稲田大学とは一切関係がない。また、同業予備校である早稲田ゼミナールや早稲田学院、早稲田塾とも無関係。

概説編集

13時時計がシンボルであり、長年にわたって主として早稲田大学を筆頭とする難関私立大学、特に文系学部(いわゆる私文)対策の予備校として実績を誇っている。以前は「早予(そうよ)」と呼ばれていたが、現在は「ワセヨビ」の愛称で知られている。

受験生激励のイベントとして芸能人を招聘することがあり、過去にはウッチャンナンチャンアントニオ猪木中村玉緒らが特別講師を勤めた。

一時、TBSで英語番組を持っていたことがあり[1]東北放送(TBC)やCBCテレビ(CBC)といった校舎のあるエリアにネットされていたこともある。

ウェブサイトでは大学偏差値検索ができるが、検索の対象は関東圏の大学中心で、それ以外は旧帝大、関関立同である[1]

校舎編集

現存する校舎編集

専修学校(一般課程)編集

専修学校登録の下記2校は「専修学校早稲田予備学校」が正式名であり、「早稲田予備校」は通称扱いとなっている。

  • 東京本校(高田馬場) - 正式名:専修学校早稲田予備学校
  • 西船橋校 - 正式名:専修学校早稲田予備学校西船橋校

上記以外編集

テナントビル内にあり、各種学校登録ではない。

  • 水戸校 -現役生および高卒生対象

かつて存在していた校舎編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ザ・入試英語→当世英語事始→涙なしの英語学習

外部リンク編集