メインメニューを開く

地理院地図 Googleマップ 早稲田大学川口芸術学校

早稲田大学川口芸術学校(わせだだいがくかわぐちげいじゅつがっこう)は、かつて存在した芸術専門学校2003年埼玉県川口市の映像新産業拠点SKIPシティに開校。映像と情報コンテンツ制作者を養成することを目的とした。

概要編集

3年制昼間の映像情報科(専門士、定員30名)と4年制昼間の映像文化学科(高度専門士・定員10名)の2学科。映像情報科では、1年次および2年次前期を少人数によるグループワークなどを中心とした集中実習型の映像に関する広範カリキュラム。多作な制作による実践教育と周辺の専門分野の座学を提供していた。デジタルシネマ・アニメーション・映像芸術表現・映像ジャーナリズムの専門ゼミを有し、2年次後期から卒業までセミによる制作指導を提供していた。

主な1年次カリキュラムは、グループワークを中心とした集中実習形式の情報リテラシー、写真、視覚表現基礎、ドキュメンタリー制作、シナリオ・ドラマ制作、立体アニメ、平面アニメ、CG制作、音響デザイン。専門分野の座学は、メディア・リテラシー、映像ジャーナリズム、メディアアート等が設置されていた。その他全校的な授業や学校行事としては、夏の軽井沢セミナーや学祭参加、卒業制作展、公開講座、インターネット生放送実習等行われていた。

卒業生には、西原孝至(『わたしの自由について』)、小林達夫(『合葬』)、奥田庸介(『東京プレイボーイクラブ』)などがいる。奥田は、卒業制作から続く3部作作品『青春墓場〜明日と一緒に歩くのだ〜』で、2010年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門グランプリを受賞した。

2011年度より映像情報科・映像文化学科の募集を停止。在学生が卒業するのと同時に早稲田大学川口芸術学校は閉校となることが決定。2015年3月に、閉校した。

外部リンク編集