メインメニューを開く

早見 純(はやみ じゅん、生年月日不詳)は日本鬼畜系漫画家[1]

早見純
本名 非公開
生誕 不明
日本の旗 広島県
国籍 日本
職業 漫画家
漫画編集者[1]
活動期間 1983年 -
ジャンル エロ劇画
鬼畜漫画
猟奇漫画
恐怖漫画
受賞 第2回小学館新人コミック大賞佳作
テンプレートを表示

来歴・作風編集

広島県出身。デビュー以前は『月刊漫画ガロ』(青林堂)にも作品を投稿していたが音沙汰がなく、代わりに『週刊少年サンデー』(小学館)に投稿した作品が第2回小学館新人コミック大賞少年まんが部門佳作を受賞し『増刊少年サンデー1978年8月号掲載の入選作「雪山の対決」(岡広秋名義)で漫画家デビューする[1]。同期の漫画家に同じ新人賞少年部門でデビューした高橋留美子がいる[1]

その後、少年漫画は自分のやりたい世界ではないと思い、5年間作品を発表せず、1983年に現在の早見純スタイルで再デビュー[2]。以後、端正な劇画タッチで猟奇犯罪少女趣味などのタブーを暴き出す作風でカルト的人気を得る。

宮崎勤事件の影響を受けて1989年頃に休筆し[1]エロマンガの編集などサラリーマン生活を7年ほど送る。その後、大西祥平による復刻本刊行等による再評価もあり、光彩書房発行の鬼畜系アンソロジー激しくて変』に発表した新作「復活祭」で2000年に再デビュー。漫画家としての活動を本格的に再開する。

2000年に上梓した傑作選『ラブレターフロム彼方』(太田出版)以降は国内外のサブカルチャーファンにも一目置かれる存在として注目される[1][3]

2015年には単行本『性なる死想』(あまとりあ社)が東京都から不健全図書指定を受け一部で話題となる[1]。本書はAmazonで発売停止となるが(東京都が指定した不健全図書・有害図書は原則Amazonで取り扱われない)、中野ブロードウェイ3Fにあるタコシェでは直筆サイン本が置かれ、現在までに1200冊以上を売り上げたという。なお早見純、三条友美ダーティ・松本が参加したエロ劇画アンソロジー『劇画あまとりあ』(久保書店)も同じく東京都から不健全図書に指定された[1]

陰惨な描写が多い猟奇的な作風だが、時折突拍子もないギャグを織り交ぜたり、シュール4コマ漫画を描くこともある[4]。また近年のインタビューでは「絵柄を変えて、ほのぼのした作品も描きたい」という旨の発言も行っている[1]

人物編集

著作編集

単行本編集

同人誌編集

  • 『純にもぬかりはある 自選最低作品集』(ひよこ書房
  • 『純の自己嫌悪 自選大失敗作品集』(ひよこ書房)

雑誌特集編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 稀見理都『エロマンガノゲンバ』三才ブックス 2016年12月 p.270-281、早見純インタビュー
  2. ^ a b 早見純『ラブレターフロム彼方』太田出版 2000年 p.201-206、早見純ロングインタビュー「マンガに、命をかけたかったんですよ」(聞き手・構成 大西祥平
  3. ^ 2002年刊行の単行本『純の魂』(青林工藝舎)はフランスでも翻訳出版されている。
  4. ^ 一部の4コマ作品は『純の魂』(青林工藝舎)にも収録されている。

外部リンク編集