メインメニューを開く

(しゅん)は、ミュージシャン平沢進を中心に結成された日本の実験音楽的サンプリングユニット

出身地 日本の旗 日本
ジャンル 実験音楽
活動期間 1984年 - 1996年
レーベル Kang-Gung (1984年)
MODEL HOUSE (1985年、1988年)
CSV渋谷 (1987年)
DIW/SYUN(ディスクユニオン) (1994年~1996年)
共同作業者 マンドレイク
P-MODEL
不幸のプロジェクト)
BIKINI
Sonic Sky
LONG VACATION
折茂昌美
旧メンバー 平沢進
神尾明朗(旬I,Landscapes)
辻谷朱美(旬I)
Iwao Asama(旬I)
松田融児(旬II,旬III,旬IV)
中野テルヲ(旬II)
関弘美(旬IV)
Shuichi Sugawara(旬IV)
Shigeo Motojima(旬IV)
The old man, who was on the way to IWATE.(旬IV)
Motohiro Yamada(計算上のKun Mae)
Sacol Trakranprasirt(計算上のKun Mae)
Supal Kuntatun(計算上のKun Mae)

後期は平沢のソロで楽曲制作がされた。1996年にリリースされたアルバム「計算上のKunMae」以降、旬名義での活動は行なっておらず、実質的には解散状態であるが、公式には未発表である。

目次

特徴編集

  • P-MODELでも使われていた自作サンプリングマシン『ヘヴナイザー』を使用。歓声・平沢の言葉・楽器がサンプリングされる。
  • 1994年1996年頃まで、P-MODEL・平沢ソロ関連のCDが、ディスクユニオン「SYUN」レーベルより発売されていたが関係性は不明である。

作品編集

アルバム編集

  • 旬I (1984年2月)
    本来は元INUの北田昌宏も参加予定だったが、アイデアがどんどん膨れ上がってしまったため、P-MODELの作品『SCUBA』に移行。
    Ⓘ-Location/Conditioning Cycle
  • 旬II (1985年4月)
    この曲「1778-1985」はP-MODELのアルバム「KARKADOR」にリアレンジされ収録される。
    1778-1985
  • 旬III (1985年5月)
    TABLE BEAT(RESPONCE VERSION)/TABLE BEAT(PARADIME VERSION)
  • 旬IV (1987年10月25日)
    LOCATION/SIPHON/SHUN II/PAE
  • OOPARTS (1994年5月25日)
    旬I~IVまでを収録。
  • Landscapes (1994年10月22日)
    Landscape-1/Landscape-2/Landscape-3/Landscape-4
  • 計算上のKun Mae (1996年2月29日)
    Kun Mae #1/Kun Mae #2/Kun Mae #3/Kun Mae #4

映像作品編集

  • 旬IV VISION (オリジナル:1988年4月 再発:1995年11月30日)
    オリジナル版では冒頭に平沢の語りが入っていたが、再発版ではカットされている。