メインメニューを開く

旭堂 左南陵(きょくどう さなんりょう)は、上方講談。幕末からある名前。当代は特に代数は振っていない。


旭堂 左南陵(きょくどう さなんりょう 1949年 - )大分県南海部郡(現・佐伯市)出身の講談師。本名、久保康利。なみはや講談協会会友。

大分県立佐伯鶴城高等学校卒業後、東京でサラリーマンを1年間勤め、その後大阪で浪曲岡本梅寿軒の門下になる。後音楽ショウあひる艦隊」に岡本浩の名で参加し1969年に初舞台。1972年に3代目旭堂南陵の門下で南京から南鏡と改名。一時東京の6代目一龍斎貞水の預かり弟子で講談組合に所属。1980年夏に真打昇進し左南陵(ひだりなんりょう)を襲名。1996年名古屋に移住した後、大須演芸場を拠点として活躍を開始。2007年に読みを(さなんりょう)と改名。現在は名古屋中心に大阪でも口演している。

参考文献編集

  • 「現代上方演芸人名鑑」(1980年、少年社)