旭川さくらバス(あさひがわさくらバス)は、岡山県中央部で運行しているコミュニティバス岡山市真庭市美咲町が構成する協議会(旭川ダム沿線バス運行対策協議会)に基づき運営されている。

福渡駅前にて

中鉄バス旭川ダム経由岡山行き路線が2001年8月限りで廃止されたのを受け、同年9月1日から運行を開始した。当初協議会は久世町落合町旭町建部町から成っていたが、市町村合併により現在の構成となった。

2014年3月限りで栃原下以南の岡山市内区間が廃止となり、岡山市が運行する御津・建部コミュニティバスで代替された[1]

概要(運行開始当初)編集

  • 旭川中流に沿い、岡山市北区建部町八幡温泉郷から姫新線久世駅までの49.4kmを結んでいた。
  • 同協議会が(株)エスアールティーに委託する形で運行していた。
  • 鉄道路線とは福渡駅津山線)、美作落合駅、久世駅(姫新線)で接続していた。
  • 運賃は距離制。定期券・回数券は中鉄北部バスと共用だが、バスカードは使えなかった。
  • 第1便(始発)と第6便(終発)は、日祝日と振替休日に運休していた。
  • 落合高校前~福渡小学校、落合高校前~高浜三叉路・福渡旧国道はフリー乗降区間となっていた。

2014年4月以降の概要編集

  • 旭川中流に沿い、真庭市久世地区・落合地区と美咲町の旧旭町地区を結んで運行。
  • 同協議会がエンゼルサービスへ委託する形で運行。
  • 鉄道路線とは美作落合駅、久世駅(姫新線)で接続している。
  • 運賃は200円均一。障害者・子供100円。定期券・回数券は中鉄北部バスと共用だが、同社のバスカードは使用不可。
  • 真庭市コミュニティバスまにわくんの回数券で乗車可能。
  • 久世駅行き第1便(始発)と栃原行き第4便(終発)は、日祝日と振替休日に運休する。
  • 民間バスが運行する路線区間以外は全てフリー乗降区間。

路線編集

  • 1日4往復(日祝日と振替休日は3往復)で、便により始発地・終着地・経由地が異なる。そのうち1往復は栃原下で御津・建部コミュニティバスと接続している。詳細な運行案内は、#外部リンクの旭川さくらバスを参照のこと。
    • 久世駅 - 真庭市役所 - 真庭高校久世校地前 - 落合インター - 真庭高校落合校地前 - 旦土 - 西川 - 浜尻 - 栃原 - 栃原橋 - 栃原下
    • 久世駅 - 真庭市役所 - 真庭高校久世校地前 - 落合インター - 真庭高校落合校地前 - 上旦土 - 江与味 - 浜尻 (→ 栃原 → 浜尻 → 西川 → 旦土)

車両編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集