旭川市総合体育館

旭川市総合体育館(あさひかわしそうごうたいいくかん)は、北海道旭川市花咲スポーツ公園[2]にある屋内総合スポーツ施設。2019年に地元の不動産業者・富士管財(リアルターグループ)が命名権を取得し、同年4月1日より旭川市リアルター夢りんご体育館の名称に改名された(契約期間は5年間)[3]

旭川市総合体育館

Facade of Asahikawa Gymnasium.JPG

施設情報
愛称 旭川市リアルター夢りんご体育館[1]
用途 スポーツ施設
収容人数 1500人[2]
管理運営公益財団法人
旭川市体育協会[2]
構造形式 鉄骨・鉄筋コンクリート造
延床面積 6,952 m²
階数 2
竣工 1979年
所在地 070-0901
旭川市花咲町5丁目4040番地-19
位置 北緯43度47分35秒 東経142度22分35秒 / 北緯43.79306度 東経142.37639度 / 43.79306; 142.37639 (旭川市総合体育館)座標: 北緯43度47分35秒 東経142度22分35秒 / 北緯43.79306度 東経142.37639度 / 43.79306; 142.37639 (旭川市総合体育館)
テンプレートを表示

概要編集

1979年昭和54年)開館。旭川市総合体育館条例のもと、同年10月1日に総合体育館運営協議会が設置された。体育館は財団法人旭川市スポーツ協会が指定管理者として運営管理を行っている、花咲スポーツ公園内に位置している。

主な施設は観覧席を有する主競技場のほか、第1 - 4体育室、幼児体育室、トレーニング室、シャワー室、放送室等。毎年期間を分けて、スポーツ教室が開かれている。他の市内の体育館同様、定期券が使用可能である。館内に財団法人旭川市体育協会本部が置かれている。

かつては市内の常磐公園内に常磐分館(旧・旭川市体育館)も存在したが、老朽化のため1993年頃に閉鎖されている。

2022年現在は、V.LEAGUE所属のヴォレアス北海道の本拠地となっており、ホームゲームの大半が本体育館で開催されている。

施設概要編集

  • 延べ床面積6,952m2(1階5,765m2、2階1,187m2
  • 主競技場1,812m2(47.6m×38.2m)
  • 第1体育室115m2
  • 第2体育室441m2
  • 第3体育室181m2
  • 第4体育室288m2
  • 幼児体育室84m2
  • トレーニング室340m2
  • 開館時間 - 午前9時 - 午後9時
  • 休館日 - 毎月最終金曜
  • 無料駐車場収容数 - 339台
  • 交通アクセス - 旭川駅からバスでおよそ15分

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 市有施設 ネーミングライツ・スポンサー募集(2019年11月26日、あさひかわ新聞)2021年9月15日閲覧
  2. ^ a b c 旭川市総合体育館(一般社団法人旭川観光コンベンション協会)2021年9月15日閲覧
  3. ^ 旭川市総合体育館の愛称が決まりました - 旭川市・2019年2月28日

外部リンク編集