メインメニューを開く

昆陽池公園(こやいけこうえん)は、兵庫県伊丹市にある都市公園、公園の池は昆陽池として2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

昆陽池
Koyaike 2.jpg
西岸から昆虫館を望む
所在地 兵庫県伊丹市昆陽池
位置
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
昆陽池の空中写真。日本列島を模した人工島が見える。小さい方の池は貯水池(1979年撮影) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 上空の飛行機から昆陽池(手前)を南望。右上の河川は武庫川
昆陽池の空中写真。日本列島を模した人工島が見える。小さい方の池は貯水池(1979年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
上空の飛行機から昆陽池(手前)を南望。右上の河川は武庫川

概要編集

奈良時代の僧行基(668-749年)の指導の下で昆陽池が開削されたと伝えられる[2][3]

1965年(昭和40年)に伊丹市が公園化。

1972-1982年(昭和47-57年)、昆陽池公園として整備[4]され、今の形になった。

白鳥が自然放養されているほか、冬には3000羽を越えるカモカモメなど渡り鳥の飛来する関西屈指の野鳥の楽園として知られている。

池の中ほどに日本列島を模した人工島があり、大阪空港を離陸した直後の飛行機の窓からその形を間近に望むことができる[5]

市民の憩いの場として、樹木や水生植物の植栽や野鳥の給餌池の設置等、ビオトープ整備が進んでいるが、近年、池の周囲に植林されている樹木に営巣するカワウの糞に含まれるリンによる樹木被害や、急激に増加するカラスの群れ、野生化したヌートリアが公園の樹木の根を食べるなどの事例が問題となっている。

2017年1月に、池で飼育されているコブハクチョウが、鳥インフルエンザで多数死んでいることが確認され、伊丹市のシンボルであるコブハクチョウの生態に影響が出ている[6]

公園の施設編集

  • 伊丹市昆虫館 - 1990年開館。チョウ温室としては関西一の広さで、一年中チョウが放されている。
  • ふるさと小径
  • 多目的広場
  • 草生地広場
  • 野鳥観察橋 - カモ類、ユリカモメ等の野鳥の観察スポット
  • 売店
  • スワンホール(伊丹市立労働福祉会館・青少年センター、隣接) - 宿泊施設、レストラン

利用情報編集

  • 所在地 - 兵庫県伊丹市昆陽池3丁目
  • 開園時間 - 常時(ふるさと小径は午前9時~午後5時)
  • 休園日 - 年中無休

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昆陽池 - 農林水産省ため池百選
  2. ^ 731年(天平3年)起工
  3. ^ 『行基年譜』
  4. ^ 『絵図にみる村のすがたII 昆陽池・昆陽井』
  5. ^ [1] - google マップの昆陽池人工島
  6. ^ つがいの2羽だけでも…兵庫・伊丹の昆陽池で鳥インフルが猛威 市のシンボル、コブハクチョウが大ピンチ 産経新聞 2017年1月20日

関連項目編集

外部リンク編集