明かり窓(あかりまど)とは採光を目的として設けられるである。 和風建築などでは主に茶室などの小窓等に見ることが出来る。 また、舞台装置の一つとして、場内の明るさを調整する窓としても用いられている。 屋根に付けられた窓は、一般的に天窓と呼ぶが、壁などに設置し、明を取る場合は明かり窓と呼ぶことが多い。

関連編集