メインメニューを開く

明叔慶浚(みんしゅくけいしゅん、生年不詳 - 天文21年8月28日1552年9月16日))は、戦国時代末の臨済宗妙心寺派の高僧。飛騨国の豪族三木直頼の兄。[1]。諡は圓應大通禅師。希菴玄密の師とされる。

経歴編集

幼年の頃出家し飛騨国益田郡中切村の玉龍寺(岐阜県下呂市)にて景堂玄訥に師事する。その後諸国を遊歴して戻り景堂の法を嗣いだ。大永年間に遊歴して荒廃していた甲斐国恵林寺山梨県甲州市)に入り中興した。また弟の三木直頼の招きによって飛騨に戻り三木氏の菩提寺である益田郡中呂村の禅昌寺(下呂市)に入り再興始祖となる。翌年には京都の妙心寺に入った。天文3年(1534年)6月に美濃国恵那郡地頭遠山景前の招きにより大円寺(岐阜県恵那市)に入り6世となり再興し天文10年(1541年)まで止住した。その後美濃国可児郡愚渓寺(可児郡御嵩町)に移り再興し、その後尾張国瑞泉寺 (愛知県犬山市)に移り、更に 妙心寺に入り、その塔頭大心院にて天文21年(1552年)8月21日に遷化した。

異説編集

駿府今川義元に招かれ臨済寺静岡市)住職であったが[2]、天文10年(1541年)に武田信玄により再興された恵林寺の住職となった。その後、飛騨に戻り、弟の三木直頼が再興した三木氏の菩提寺・禅昌寺の住持となった[2]。『明叔録』を残した

脚注編集

  1. ^ 伊藤信『濃飛文教史』(博文堂、1937年) 40頁
  2. ^ a b 柴辻俊六・平山優・黒田基樹・丸島和洋編『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年

関連項目編集