明宝村

日本の岐阜県郡上郡にあった村

明宝村(めいほうむら)は、岐阜県郡上郡にあったである。2004年3月1日に郡上郡の地域の7つの町村が合併して郡上市となった。

めいほうむら
明宝村
めいほうスキー場
明宝村章
明宝町章
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
白鳥町八幡町大和町高鷲村美並村明宝村和良村郡上市
現在の自治体 郡上市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
郡上郡
市町村コード 21486-8
面積 154.86km2
総人口 2,090
推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 郡上郡 白鳥町大和町八幡町和良村
益田郡 金山町馬瀬村
大野郡 清見村荘川村
村の木 モミジ
村の花 ミズバショウ
村の鳥 ウグイス
明宝村役場
所在地 501-4307
岐阜県郡上郡明宝村二間手222-1
外部リンク 郡上市明宝
座標 北緯35度51分21秒 東経137度02分13秒 / 北緯35.85597度 東経137.03694度 / 35.85597; 137.03694座標: 北緯35度51分21秒 東経137度02分13秒 / 北緯35.85597度 東経137.03694度 / 35.85597; 137.03694
明宝村の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
郡上市役所 明宝庁舎

地理編集

美濃地方の北端で、飛騨高地に位置する。村の面積の大半は山林である。長良川の支流、吉田川の上流部にあたった。北東の烏帽子岳がある北東部から北部にかけて標高が高く、めいほうスキー場、明宝温泉はこの高地にあった。東の四分の一は飛騨川の支流馬瀬川の支流、弓掛川の流域で、村の他の地域とは小川峠で結ばれた。

隣接していた自治体編集

歴史編集

村名改称問題編集

1992年(平成4年)4月1日に村名を明方村(みょうがたむら)から明宝村(めいほうむら)に改称したが、改称に際しては村を二分する騒動となった。改称理由は以下のようなもので、ある意味では現状を追認するものであったが、村おこしのためとはいえ歴史ある慣れ親しんだ「明方」の地名を捨てることに抵抗のある村民も少なからずいた。

  • 明方村を「みょうがたむら」と呼んでもらえず、「めいほうむら」と呼ばれてしまう。
  • 村内の奥明方農協による「明方(みょうがた)ハム」が特産となっていたが、奥明方農協はその後の合併で郡上農協となり、ハムの生産拠点も村内から隣の八幡町に移転されてしまった。それに対抗して村は独自に第3セクターを設立、「明方村の宝」に由来する「明宝」をブランド化した「明宝(めいほう)ハム」の生産を開始、村内での雇用確保や知名度の向上といった村おこしに成功していた。
  • 平成初期の平成元年(1989年)に開業した「めいほうスキー場」が知名度を得た。

行政編集

  • 明宝村最後の村長は和田七朗で、2001年4月の議員定数は10人、一般職職員数は70人であった。

経済編集

産業編集

農業就業人口は、全体の就業者の約20%にすぎないが、農家数は全世帯の約半数を占めた。農地の半分は水田で、丘陵に牧草地が広がっていた。生産額では肉牛の生産が一番だが、木曽馬などの馬も飼われていた。明宝ハム明宝レディースの工場があった。めいほうスキー場は、冬にスキー場、シーズンオフは観光牧場になっていた。

  • 産業人口(2000年)
    第1次産業就業者数 161
    第2次産業就業者数 399
    第3次産業就業者数 485

地域編集

教育編集

2004年以前に廃校となった小中学校編集

交通編集

高速道路

  • 村内に高速道路はなし。

一般国道

主要地方道

一般県道

  • 村内に一般県道はなし。

その他

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

関連項目編集

外部リンク編集