色における明度(英語: Brightness)とは物体から放射または反射するによって認知される視覚に関する心理物理量をいう[1]。明度は色相・彩度とともに色の三属性の一要素である[2]。また、線形的に認知されるのではなく、見られる物体の周囲の環境によって左右される。その代表的な例がホワイト効果である。また、明度の高低は物体の反射率との相関性が高い[3]。多くの色の見え方モデル英語版では、一般的にの文字で変数としての表記がされている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Merriam-Webster.com Merriam-Webster Dictionary definition of bright
  2. ^ 『色彩学概説』 千々岩 英彰 東京大学出版会
  3. ^ 明度 - めいど 武蔵野美術大学 造形ファイル”. 武蔵野美術大学. 2021年9月6日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、明度に関するカテゴリがあります。