明日があるなら

シドニー・シェルダンの小説作品、および同作品を原作とするアメリカ合衆国および韓国のテレビドラマ

明日があるなら』は、1985年シドニィ・シェルダンによる小説、またそれを題材としたテレビシリーズである。

あらすじ編集

優秀な銀行員のトレイシー・ホイットニーは妊娠中で、婚約も控え、幸せの絶頂にいた。だが、彼女の母親ドリスが経営する会社がギャングに乗っ取られ、多額の負債を背負わされたドリスは自殺してしまう。母親の自殺と、その原因を知ったトレイシーはギャングに復讐を誓うのだった。

テレビシリーズ編集

1986年にアメリカでテレビシリーズとして放映された。日本では、テレビ東京木曜洋画劇場で『真夜中のエンジェル』のタイトルで放送されたほか、VHSも販売された。

キャスト編集

カッコ内は吹替版(テレビ東京版/ビデオ版の順に記載)

ソフト販売編集

1990年に字幕版と吹替版のVHSがCBS/FOXから発売。全3巻セット。その後、2008年にNBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパンから2枚組DVDが発売。DVDに収録されている吹替版は、ディスク1にはテレビ東京版が、ディスク2にはビデオ版が収録されている。これは、テレビ東京版のTV放送用にカットされた素材では後半での欠落部分が多かったためである。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集