メインメニューを開く

明日泥棒』(あすどろぼう)は、小松左京によるSF小説

概要編集

1965年1月から7月まで『週刊現代』に連載され、同年12月に講談社から刊行された。洋装と和装をごちゃまぜにした珍妙なスタイルで怪しい日本語を操る謎の中年男ゴエモンは、何千キロもの範囲で音を消し、全世界の爆発物を使用不能にするおそるべき能力を持っていた。その常識を越えた超能力を利用しようとする人間たちによって、全世界は常識を越えた混乱へと陥っていく。現代社会に、常識を越えた能力の持ち主を持ち込むことで、微妙なバランスの上に成り立っている人間社会のあり方を風刺した喜劇調SF小説。

あらすじ編集

平凡なサラリーマンである戸田雄三は、怪人物ゴエモンと出会い、無理矢理居候として押しかけられてしまう。戸田と恋人ネネ子との喧嘩に腹を立てたゴエモンは、自分の安眠のために日本を中心とした広範囲で一切の音を消してしまった。このゴエモンの力に目を付けたCIAの暗躍が始まり、右翼活動家の田村大三はゴエモンの力を使って世界情勢を塗り替え、自身の理想を実現しようともくろむ。一方ではゴエモンの争奪戦が繰り広げられ、他方では世界規模の力関係の変動が起きる中、世界の歴史を変える巨大な事件が始まっていく。

登場人物編集

戸田雄三
本作の主人公であり語り手。電機メーカーに勤務するサラリーマンで、偶然ゴエモンに出会ったことから、世界を揺るがす事件に巻き込まれていく。
ゴエモン
正式には「ゴエモン・百二十六万八千九百十一号」と称している。日の丸を突き刺した山高帽に、上半身はモーニング、下半身は袴に下駄履きという和洋折衷の姿をした謎の中年男。各地の方言を取り混ぜた怪しい日本語を使う。強力な科学力と超能力を持つ一方、社会常識については知識が中途半端で、比喩的な言い回しを字面通りに受け取って騒動を起こす。日本の天皇のサインをもらうために日本にやってきたと称しているが、彼がどこから来たかは物語の終盤で明らかになる。
田村大三
政界の黒幕。右翼活動家ながら世界平和を夢見るロマンチストでもあり、ゴエモンの能力を利用して世界を大国支配から解放しようと試みる。

書誌情報編集

コミカライズ作品編集

関連作品編集

ゴエモンのニッポン日記編集

アサヒグラフ1966年4月1日号から9月9日号まで連載、1966年12月に講談社より刊行。1万年ぶりに日本を訪れ、SF作家である「私」(小松左京)のもとにホームステイに押しかけてきた宇宙人「ゴエモン百二十六万八千九百十号」(『明日泥棒』のゴエモンとは1番違い)の眼を通して、1966年当時の日本社会を風刺的に描いたSFルポルタージュである。

同作では、前年にも同族の「ゴエモン百二十六万八千九百十一号」が日本を訪れて数週間滞在しており、「私」はそれをモデルに『明日泥棒』を執筆した、という設定になっている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 簡易検索結果『明日泥棒,小松左京』 - 国立国会図書館サーチ 2017年2月7日の検索結果