メインメニューを開く

明治大学博物館(めいじだいがくはくぶつかん)は、東京都千代田区神田駿河台明治大学駿河台キャンパス内にある博物館で、刑事部門・商品部門・考古学部門および大学史展示室からなる。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 明治大学博物館
Meiji University Museum
明治大学博物館
施設情報
前身 刑事博物館(1929年開設)
商品陳列館(1951年開設)
考古学陳列館(1952年開設)
専門分野 刑事関係資料
伝統的工芸品
考古学資料
開館 2004年4月
所在地 101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学アカデミーコモン地階
外部リンク 明治大学博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

明治大学博物館は、それまで大学会館内にあった商品博物館・刑事博物館・考古学博物館を統合して2004年(平成16年)に開館した。駿河台校舎アカデミーコモンの地階にあり、前身3館から引き継いだ商品部門・刑事部門・考古部門と、大学史展示室、特別展示室から成る。一般に無料公開されている常設展示に加え、特別展示室では1年を通して様々な展覧会が開催されている。大学博物館の先進的モデルケースと評価され、官公庁、自治体、国内外の大学・研究機関、各種教育団体による視察・研修などが多い。全日本博物館学会事務局が学芸員養成課程実習室内に置かれており、全国37の大学博物館関係者が一堂に会する『ユニバーシティ・ミュージアム・ミーティング』も初めて開催されている[1]

来館者は、2004年4月のリニューアルオープン以降で60万人を突破(2013年8月現在)、年間でも 74,991人 が訪れている(2013年度)[2]。最近の要人客としては、中曽根康弘元首相、福田康夫元首相、德川恒孝徳川宗家第18代当主)等々[3][4]。館内には博物館図書室があり、資料の閲覧が可能。さらに2016年3月には、常設展がリニューアルオープンした[5]

刑事部門編集

1929年刑事博物館として開設。1954年一般公開され、翌年博物館法により博物館相当施設となった。建学の精神「権利自由」の観点から、「日本の罪と罰」に関する文書や絵画などの史料を収集。日本史上著名な法令文書、高札、江戸時代の捕者具や拷問・刑罰具、捕者道具の名和弓雄コレクション、日向国延岡藩内藤家文書、高札コレクションなどがある。複製品ではあるがギロチンニュルンベルクの鉄の処女は、わが国で唯一の展示資料である。

商品部門編集

1951年商品陳列館として開設。1957年一般公開。漆器・染織品・陶磁器など、日本の伝統工芸品を中心とする商品の原材料、製造工程、技法・意匠の種別などを紹介。世界に類まれな意匠表現の豊富さを誇る日本の伝統的工芸品の全体像を一覧できる。

考古部門編集

1952年考古学陳列館として開設。日本の石器時代から古墳時代までの各時代の遺跡から出土した発掘品を展示している。日本において最初に発見された旧石器時代遺跡である群馬県岩宿遺跡の出土品などを始め、国の重要文化財に指定されている、埼玉県砂川遺跡、神奈川県夏島貝塚、栃木県出流原遺跡の出土遺物等、国内有数のコレクションを誇り、海外からも多くの研究者が訪れる。大英博物館へ出品した「山形土偶」を始め、国の重要文化財に指定、あるいは重要美術品に認定されている史料が多数。

重要文化財・重要美術品

開館時間編集

  • 10:00~17:00(入館は16:30まで)

入館料編集

  • 常設展は無料(特別展は有料の場合あり)

脚注編集

外部リンク編集