メインメニューを開く

明知鉄道株式会社(あけちてつどう、: Akechi railroad company )は、岐阜県恵那市に本社を置く鉄道会社である。

明知鉄道株式会社
Akechi railroad company
Akechi railroad Akechi station.jpg
本社のある明智駅
種類 株式会社
略称 明鉄
本社所在地 日本の旗 日本
509-7705
岐阜県恵那市明智町469番地の4
北緯35度18分18.2秒
東経137度23分12.9秒
座標: 北緯35度18分18.2秒 東経137度23分12.9秒
設立 1985年昭和60年)5月21日[1]
業種 陸運業
法人番号 6200001024022
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長 小坂喬峰
資本金 2億円(2017年3月31日時点)
売上高 3億9600万5千円(2017年3月期)[2]
純利益 △2058万6千円(2017年3月期)[2]
純資産 1億8189万1千円(2017年3月31日現在)[2]
総資産 4億2816万2千円(2017年3月31日現在)[2]
従業員数 23人(常勤・2017年4月1日時点)
決算期 3月31日
主要株主 岐阜県 32.5%
恵那市 28.5%[3]
中津川市 5.0%[4]
岐阜銀行(現:十六銀行) 0.25%[5]
外部リンク https://www.aketetsu.co.jp/
テンプレートを表示

沿線自治体などが出資し、旧日本国有鉄道特定地方交通線を引き継いだ鉄道路線である明知線を運営している第三セクター方式の鉄道会社である[6]。地元では明鉄(あけてつ)と略されている。

目次

歴史編集

路線編集

なお終点の明知駅は明知鉄道として開業時に町名に合わせて明智駅と改称[6]。このため会社名・線名と終着駅名が異なった表記となっている。

車両編集

2004年4月現在、気動車2形式6両を保有する。なお、開業時に用意された車両は1999年までにすべて廃車されている。

現有車両編集

 
アケチ10形11 (2004年8月8日 岩村駅)
アケチ10形 (10 - 14) - 5両
1998年1月に登場したアケチ1形の代替新造車で[18]、従来車がバス車体を基本としたLE-CarIIシリーズであったのに対し、鉄道車両設計のLE-DCシリーズとなっている。車体長15.5mの普通鋼製[18]で、295ps(2100rpm)のディーゼル機関日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)PF6HT03)を1基搭載している[19]。急勾配に対応して動力台車は2軸駆動式[19]砂撒き装置を台車に装備している。富士重工業で、1997年12月に1両 (10)、1998年10月に2両 (11,12)、1999年10月に2両 (13,14) が新製された。車内は、11,12,13号車がセミクロスシート、10,14号車がロングシートでイベント列車での使用に対応するほか、急行「大正ロマン号」では「食堂車」として使用される[19]
この車両は、地方私鉄向けの標準設計化車両の第1号で、以降、同様の車体を持つ車両が各地の地方私鉄に登場している[19]
その後、13号車は2012年にロングシート化され車内の化粧板も木目調に、また11号車についても2017年春にロングシート化された。
アケチ100形
アケチ13,14以来17年ぶりの新製車として、アケチ6形の置き換えを目的に岐阜県鉄道老朽化施設整備計画により2016年度に導入され、2017年4月8日より運行を開始した[20][15]新潟トランシスにて製造[15]されたNDCタイプの標準型車両である。

過去の車両編集

 
アケチ1形1廃車体 (2004年12月22日 山岡駅)
アケチ1形 (1 - 5)
1985年の開業時に用意された軽快気動車で、バスの設計を取り入れた富士重工業のLE-Carシリーズ(レールバス)である[19]。急勾配区間に対応するため、動力台車は2軸駆動式としたが、反面、軽量化のため冷房装置の搭載は見送られた[19]。全長は15.5mで、前面は貫通型である。車内はセミクロスシート[19]。アケチ10形の導入により、3が1997年12月、2が1998年11月、1が1998年12月、4,5が1999年10月に廃車となり、形式消滅した。
廃車後は阿木駅・山岡駅に1両ずつ、明智駅に3両留置され、倉庫として活用されていたが、明智駅の留置車両は2005年秋に解体。山岡駅の留置車両は改装の上、2016年7月15日に隣接する山岡駅かんてんかんの森の列車カフェとしてオープンした。
また、明智駅の留置車両は、大正村のトレインマークがついていた。
アケチ6形 (6) - 1両
1989年4月に富士重工業で新製された増備車で、開業時に投入されたアケチ1形とほぼ同形ながら、車内はオールロングシートとなり、冷房装置を搭載した関係で、一部の側窓が固定式となった[19]
アケチ10形導入後は増結用及び予備車となっていた[19]。アケチ100形の導入に伴い、2017年3月31日をもって運用を終了した[21][14]

保存車両編集

明智駅構内に以下の車両が保存されている。

C12 244
明知線などで使用された蒸気機関車 (SL) で、1973年に廃車後、明智小学校で保存されていたが、2013年12月に明智駅構内に移された[22]。当鉄道で車籍を有した経歴は無い。2019年に明知線での動態保存運転を目指しており、2015年8月9日には明智駅構内で圧縮空気を動力としてこのC12が運転された[23][22]
以後、不定期に下記のヨ18080を連結し乗車体験を行っている。
ヨ18080
日本貨物鉄道(JR貨物)から購入した車掌車。体験乗車に使用中。

運賃編集

大人普通旅客運賃(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[24]。 ※単位円

恵那
200 東野
260 220 飯沼
310 260 200 阿木
430 370 220 200 飯羽間
430 370 260 220 200 極楽
480 430 260 220 200 200 岩村
570 480 370 310 220 220 220 花白温泉
570 520 430 310 260 220 220 200 山岡
650 610 480 430 370 310 310 220 220 野志
690 650 520 480 430 370 370 260 220 200 明智

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 3頁
  2. ^ a b c d 県出資等法人の事業内容、経営状況、公的支援等について 岐阜県公共交通課
  3. ^ 財政状況等一覧表(平成19年度)恵那市
  4. ^ 財政状況等一覧表(平成19年度)中津川市
  5. ^ 岐阜銀行経営健全化計画 金融庁 (PDF)
  6. ^ a b c d e f 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 13頁
  7. ^ a b 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成18年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会、p.136
  8. ^ a b 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳』7号 東海、新潮社、2008年、p.42
  9. ^ 明知鉄道の「極楽駅」が開業 - 恵那市、2008年12月26日
  10. ^ 人気でるかなぁ~?明知鉄道に新駅「極楽駅」 ― スポニチ Sponichi Annex、2008年12月25日
  11. ^ 明知鉄道 ダイヤ改正より食堂車連結の急行列車運転 - 鉄道ホビダス 最新鉄道情報、2011年2月22日。
  12. ^ 明知鉄道は食堂車付急行大正ロマン号を増発 - 恵那市、2011年3月12日
  13. ^ “つり革広告、誰でもOK 明知鉄道が募集、個人にも開放”. 岐阜新聞. (2013年5月31日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20130531/201305310952_20143.shtml 2013年6月1日閲覧。 
  14. ^ a b 明知鉄道の富士重工業製「アケチ6号」3月末で引退、臨時運転実施”. レスポンス (2017年2月20日). 2017年2月21日閲覧。
  15. ^ a b c 明知鉄道の新型車「アケチ101」は4月8日から運行開始”. レスポンス (2017年3月26日). 2017年3月29日閲覧。
  16. ^ “明知鉄道を活用した郵便物等の客貨混載を開始” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 明知鉄道・日本郵便, (2019年3月12日), オリジナルの2019年3月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190314014649/https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2019/00_honsha/0312_02_01.pdf 2019年3月16日閲覧。 
  17. ^ “明知鉄道線で貨客混載が始まります!~日本郵便と明知鉄道による宅配貨物等輸送の効率化~” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国土交通省, (2019年3月12日), オリジナルの2019年3月16日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190316044944/http://wwwtb.mlit.go.jp/chubu/press/pdf/kousei20190312.pdf 2019年3月16日閲覧。 
  18. ^ a b 鉄道ファン』第38巻第5号、交友社、1998年5月、 64頁。
  19. ^ a b c d e f g h i 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 31頁
  20. ^ 明知鉄道に新型車輌導入アケチ101 - 明知鉄道、2017年3月24日
  21. ^ アケチ6号さようなら走行のお知らせ - 明知鉄道、2017年2月21日閲覧
  22. ^ a b “明知鉄道でSL本格運行目指す 初期費用どう捻出”. 読売新聞 (読売新聞社). (2015年8月27日). http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/feature/CO006490/20150826-OYTAT50059.html 2016年2月21日閲覧。 
  23. ^ “岐阜)明知鉄道明智駅でSL走行 復活運行へ一歩”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2015年5月9日). http://www.asahi.com/articles/ASH895GM3H89OHGB00J.html 2015年8月15日閲覧。 
  24. ^ 運賃表2014年4月1日改正 - 明知鉄道、2014年4月7日閲覧

参考文献編集

  • 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 長良川鉄道・明知鉄道・樽見鉄道・三岐鉄道・伊勢鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年9月18日。

関連項目編集

外部リンク編集