メインメニューを開く

明知鉄道アケチ100形気動車 (あけちてつどうアケチ100がたきどうしゃ)は、2017年平成29年)に1両が製造された明知鉄道気動車である[3]

明知鉄道アケチ100形気動車
Akechi Railroad Akechi 100 ac (1).jpg
明智駅に停車中のアケチ100形
基本情報
運用者 明知鉄道
製造所 新潟トランシス[1]
製造初年 2017年[2]
製造数 2両[3]
運用開始 2017年4月8日[4]
主要諸元
軌間 1,067[5] mm
最高速度 80[1] km/h
車両定員 119名
(座席50名)[1]
自重 31.9 t[1]
全長 18,500[5] mm
車体長 18,000[5] mm
全幅 3,093[5] mm
車体幅 2,800[5] mm
全高 3,946.6[5] mm
車体高 3,660[5] mm
床面高さ 1,150 mm[5]
車体 普通鋼
台車 枕ばね:ボルスタレス式空気ばね
軸箱支持積層ゴム式
NF01QD/T[6][1]
車輪径 960 mm[1]
固定軸距 2,100 mm[1]
台車中心間距離 13,000 mm[1]
機関 新潟原動機製直列横形6気筒DMF13HZディーゼルエンジン[7]
機関出力 243 kW (330 PS) / 2,000 rpm[1]
変速機 液体式(TACRN22-1601)[1]
変速段 変速1段、直結2段[1]
制動装置 電気指令式ブレーキ、液体式リターダ[1][7]
保安装置 ATS-ST[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

1989年(平成元年)に製造されたアケチ6形1両の代替用として2017年(平成29年)に1両、アケチ12の代替用として2018年(平成30年)に1両がそれぞれ製造された[1]ロングシート、正面貫通式、両運転台、トイレなしである[1]。明知鉄道の車両として初めて18 m級の車体が採用された[1]。ブレーキが電気指令式となった[1]ため、従来車と併結して運転することができない[8]

車体編集

明知鉄道の気動車として初めて18 m級の車体を採用した[1]。前面は貫通式、乗務員室は左側で、乗務員室側にのみ乗務員用扉が設けられた[1]。幅1,000 mmの引戸の客用扉が両車端に設けられ、車椅子スペースが1箇所設けられた[1]。扉間に窓6組があり、両端のものが上段固定、下段上昇、中央の4組が固定式である[1]。戸袋部に窓はなく、トイレは設置されなかった[1]。外部塗装はアケチ101がアケチ1形と同様[9]クリーム色で、車体裾に下に行くほど細くなる朱色の帯が3本巻かれ、車体側面中央部と正面貫通扉部は明知鉄道の頭文字Aが意匠化されている。アケチ102については、クリーム色と朱色の塗装が反転したような塗装となっている。

車内はロングシートで、椅子表布はグリーン、壁は木目調とされた[7]


走行装置編集

 
NF01系台車
写真は会津鉄道AT-700形のもの

エンジン新潟原動機製横形直列6気筒DMF13HZディーゼルエンジン(243kW / 2,200 rpm)を採用、日立ニコトランスミッション製TACRN22-1601液体変速機を介して2軸駆動の台車に伝達される[6][1]。台車はボルスタレス空気ばね、積層ゴム軸箱支持のNF01QD/Tが採用された[6][1]制動装置電気指令式ブレーキが採用され、抑速用に液体式リターダが併用される[1]。保安装置としてATS-STが装備された[1]

空調装置編集

暖房装置はエンジン排熱を利用した温風式である[1]。冷房装置は機関直結式のもの2台が装備された[1]

車歴編集

アケチ100形車歴
形式 車両番号 製造 廃車
アケチ100 101 2017年3月[2] -
アケチ100 102 2018年3月 -

運用編集

1989年(平成元年)に製造されたアケチ6の代替用として岐阜県鉄道老朽化施設整備計画に基づいてアケチ101が新造され、2017年(平成29年)4月8日から営業運転を開始した[9][4]。また、2018年(平成30年)にはアケチ12の代替用としてアケチ102が新造された。なお、電気指令式ブレーキを採用したため従来のアケチ10形とは連結運転ができない。

出典編集

参考文献編集

雑誌記事編集

Web資料編集