メインメニューを開く

明石家 のんき(あかしや のんき、1967年11月28日[1] - )は、日本落語家ロック歌手。本名は明石 弘之[1]よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(2001年より[要出典])。上方落語協会会員(一時退会を経て、2012年5月復帰[要出典])。

明石家 のんきあかしや のんき
明石家 のんき
笑福亭一門定紋である「五枚笹」
本名 明石 弘之
生年月日 (1967-11-28) 1967年11月28日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
師匠 2代目笑福亭松之助
名跡 1. 笑福亭梅之助(1975年 - 1990年)
2. 明石家のんき(1990年 - )
出囃子 ロック・アラウンド・ザ・クロック
活動期間 1975年 -
家族 2代目笑福亭松之助(父)
パーポ明石(弟)
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式サイト 明石家のんきの のんきな日記
備考
上方落語協会会員

目次

来歴・人物編集

兵庫県西宮市出身。2代目笑福亭松之助の長男。松之助の師匠・5代目笑福亭松鶴の本名「竹内梅之助」に由来する「笑福亭 梅之助(しょうふくてい うめのすけ)」の高座名を、生まれる前に与えられた。弟は、バレエダンサー兼アマチュア落語講師のパーポ明石(元・笑福亭亀之助)。

8歳となる年の1975年8月、その梅之助の名で実父・松之助に弟子入りし、同年初高座。この頃から日本舞踊小唄三味線などに精進し、これらでも舞台を踏んだ。仁川学院高等学校卒業[1]

1990年、笑福亭梅之助から「明石家 のんき」に改名。兄弟子の明石家さんま(※1974年入門)と同じ亭号となった。このため、さんまの直弟子と勘違いされることがあるという。

吉本興業所属としてデビューし、その後松竹芸能に移籍し、再び吉本の専属に戻った[要出典][2]。上方落語協会を師匠・松之助と同じく退会していたが、2012年の総会よりのんきのみ協会復帰した[要出典]

リーゼントスタイルになでつけ前髪を大きく盛り上げた、ロカビリーミュージシャンを彷彿させる髪型が特徴。高座に上がり、まず客席をにらみ付けるのが恒例。主に父から受け継いだ古典落語を得意とする。

親子での落語会「のんきな落語会」を主催するほか、「花形寄席」などに出演するかたわら、ロック歌手としてのライブ活動や司会業を行っている。

2006年に誕生した長男に明石家ぽん太の高座名を与えている。

メディア出演編集

テレビ番組編集

レギュラー
特番・ゲスト出演

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b c 明石家のんき 天満天神繁昌亭 落語家名鑑
  2. ^ 吉本の公式プロフィールでは復帰年でなく、デビュー年の「1975年入社」と扱われている。

関連項目編集

外部リンク編集