メインメニューを開く

明神山(みょうじんさん)は、愛知県北設楽郡東栄町新城市の境界にある標高1016mの三ツ瀬明神山とも呼ばれる。

明神山
明神山.jpg
岩古谷山頂から見た三ツ瀬明神山
標高 1,016 m
所在地 愛知県北設楽郡東栄町新城市
位置 北緯35度02分59秒
東経137度39分45秒
山系 木曽山脈
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

木曽山脈の南端に位置し、この山を含む周辺にある山々は、「設楽山地」と呼ばれている。その中で明神山は、主峰である。

山の地形は急峻で、稜線上は場・やせ尾根・鎖場が続く。山頂には骨製の展望台があり、360度の展望が開ける。

南側の山麓には、鳳来湖がある。

一般的な登山道としては、北側山麓の柿野からの登山道、三ツ瀬からの登山道、南側山麓の乳岩峡からの登山道がある。乳岩峡にある乳岩は標高約670mの岩山で、乳岩峡一帯は国指定の天然記念物になっている。また、乳岩登山道の途中には「鬼岩」という岩場があり、ロッククライミングクライマーが多く集まる。

名称の由来編集

三ツ瀬からの信仰登山が行われていたことによる。

写真集編集

関連項目編集

外部リンク編集