明達皇后(めいたつこうごう、元祐2年(1087年) - 政和3年7月22日1113年9月3日))は、北宋徽宗の寵妃。皇后を追贈された。姓は劉氏明節皇后(同じく劉姓の追尊皇后)とは別人。

生涯編集

低い身分に生まれ、大観4年(1110年)に侍女として宮中に入り、寵愛を受けた。顕粛皇后と「母娘」の契りを結んだ。寿安郡君、才人、美人、婕妤となり、嬪、妃に進み、貴妃にいたった。

政和3年(1113年)7月、死去した。生前、芭蕉を庭院に植えて、「これが長くなる時、私はもういません」と言った。彼女が病に倒れた際、徽宗は気がつかず、見舞いに行かなかった。死後に徽宗は後悔し、哀泣してやまなかった。

は初め、明達懿文貴妃であった。まもなく明達皇后を追贈され、徽宗の父の神宗の永裕陵に従葬された。

子女編集

伝記資料編集

  • 『貴妃劉氏追冊皇后御筆手詔』政和三年八月十九日
  • 『宋会要輯稿』