明野駐屯地(あけのちゅうとんち、JGSDF Camp Akeno)は、三重県伊勢市小俣町明野5593-1に所在する、明野飛行場を有する陸上自衛隊駐屯地である。

明野駐屯地
正門
正門
所在地 三重県伊勢市小俣町明野5593-1
駐屯地司令 陸上自衛隊航空学校長 兼任
主要部隊 陸上自衛隊航空学校
第5対戦車ヘリコプター隊
第10飛行隊
飛行実験隊
開設年 1955年
テンプレートを表示
明野飛行場
IATA: なし - ICAO: RJOE
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 三重県伊勢市
種類 軍用
所有者 防衛省
運営者 陸上自衛隊
所在部隊 陸上自衛隊航空学校
第5対戦車ヘリコプター隊
標高 6 m (20 ft)
座標 北緯34度32分02秒 東経136度40分20秒 / 北緯34.53389度 東経136.67222度 / 34.53389; 136.67222
地図
明野駐屯地の位置
明野駐屯地の位置
RJOE
明野駐屯地の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
13/31 500×30 アスファルト
04/22 500×30 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
明野航空記念館
明野駐屯地付近の空中写真。(1983年昭和58年)撮影)
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

概要編集

陸上自衛隊航空学校本校がある他、飛行実験隊、第5対戦車ヘリコプター隊、第10飛行隊が置かれている。航空学校の演習場として度会郡玉城町蚊野に陸上自衛隊航空訓練場が存在する。駐屯地司令は、陸上自衛隊航空学校長が兼務。

主な任務編集

航空学校本校 - 雑誌などで「明野本校」と表記されることが多い。

陸上自衛隊の航空操縦学生を養成するほか、航空科部隊の運用に関する教育・研究を主任務としている。

北宇都宮駐屯地霞ヶ浦駐屯地に分校を置く。

駐屯地祭の際には、航空学校教官によるアクロバットチーム「明野レインボー」が臨時編成され、AH-1S、OH-6D、OH-1によるアクロバット飛行を行う。

沿革編集

日本陸軍編集

陸上自衛隊編集

駐屯部隊・機関編集

防衛大臣直轄部隊・機関編集

陸上自衛隊航空学校
  • 企画室
  • 総務部
  • 整備部
  • 第1教育部:師団や航空部隊の運用に関する教育課程
  • 第2教育部:陸上自衛隊のヘリコプターの操縦訓練課程(UH-60JAOH-1AH-1Sなど)
  • 研究部:教育訓練に関する調査・研究
  • 飛行教導隊:航空学校及び富士学校における幹部教育課程の教育支援を行う(UH-60JA、CH-47JAなど)
陸上自衛隊教育訓練研究本部
警務隊

第10師団隷下部隊編集

中部方面隊隷下部隊編集

中部方面航空隊
中部方面後方支援隊
  • 第107全般支援大隊
    • 整備中隊
      • 明野派遣隊
中部方面通信群

最寄りの幹線交通編集

高速道路
一般道路
鉄道
港湾
飛行場
  • 明野飛行場

特徴編集

かつて駐屯地に隣接して海上保安庁伊勢航空基地(いせこうくうきち、JCG Ise Air Station)があり、陸上自衛隊と滑走路を共用していたが、2008年平成20年)に中部国際空港へ移転した。

長らく三重県唯一の飛行場であったが、津市伊勢湾ヘリポートが完成したことにより、三重県防災ヘリ、三重県警察ヘリは、2006年(平成18年)2月に明野駐屯地から津市伊勢湾ヘリポートに移転。

地元では「明野の自衛隊」「明野の飛行場」と呼ばれ、毎年秋に開催される航空祭には多くのヘリコプターファンが訪れる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立公文書館 デジタルアーカイブ”. 国立公文書館 デジタルアーカイブ (1955年7月30日). 2019年4月14日閲覧。:自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和30年政令第142号)

参考文献編集

  • 『明野陸軍飛行学校の歴史と飛行第二〇〇戦隊戦史』(昭和54年10月1日発行、発行:『明野陸軍飛行学校の歴史と飛行第二〇〇戦隊戦史』編集委員会)
  • 『先駆(航空学校創立30周年記念史)』(昭和57年10月10日発行、編集:記念史編集委員会、発行:航空学校修親会)

外部リンク編集