明電工事件(めいでんこうじけん)とは、明電工を巡る疑獄事件。

1989年(平成元年)頃に株の仕手筋で注目を集めていた明電工における脱税が報道により発覚した。東京地方検察庁特別捜査部(東京地検特捜部)は、その過程で元証券会社社員ら6人を逮捕した。

国会議員通産省官僚、大蔵省官僚などへの工作疑惑も浮上したが立件されなかった。また、矢野絢也公明党委員長が株の売買に関与したとされたが、本人はこれを否定した。

事件の中心人物であった明電工オーナーの中瀬古功は21億円の脱税で起訴され、懲役3年、罰金4億円の実刑判決が確定した。

参考書籍編集