メインメニューを開く

星に語りて~Starry Sky~』(ほしにかたりて、英題:: Starry Sky)は、2019年3月10日に公開された日本映画

星に語りて~Starry Sky~
Starry Sky Logo.jpg
監督 松本動
脚本 山本おさむ
製作 新井英夫
製作総指揮 西村直
藤井克徳
出演者 要田禎子
螢雪次朗
今谷フトシ
生島ヒロシ
赤塚真人
音楽 小林洋平
撮影 鈴木雅也
制作会社 ターゲット
製作会社 きょうされん
配給 日本の旗 きょうされん
公開 日本の旗 2019年3月10日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本の障害者向け共同作業所の全国組織である『きょうされん』が結成40周年記念として企画、製作。

監督はこれが初の商業映画デビューとなる、松本動

目次

あらすじ編集

2011年3月11日。東日本大震災が起こり、岩手県の陸前高田市の共同作業所『あおぎり』では、高台にあった為、津波の直接的な被害からは免れたが、実家に助けに戻った仲間の一人を津波で失ってしまう。落胆する作業所の仲間たちを、女性の所長が励ましながら、一日も早く障害のある人が日常を取り戻せる様に努力していた。

そんな中、全国障害者ネットワークでは、東京、秋田、岩手、福岡などの日本各地の障害者団体が連携して支援活動を始めようとしたときに「障害者が消えた」という情報が入ってきた。多くの避難所をまわっても、障害のある人がほとんど居ないという不思議な状況に直面する。

一方、福島第一原子力発電所事故によって、福島県のいくつかの地域では、政府から避難勧告が出された。福島県南相馬市には仮設住宅が建てられ、避難地域に指定され、共同作業所『クロスロードハウス』の代表らは、避難出来ずに取り残された障害のある人たちを、放射能の危険と闘いながら支援を続けていた。被災各地に支援センターが設置され、次々と支援物資が送られてきて、全国各地から支援員も集まってくる。しかしクロスロードハウスの代表らには、安否確認のための障害のある人の情報が必要だったが、行政からの個人情報保護を理由に開示されなかった。 法律により守られる人権は支援の障壁となり、一刻を争う人命救助との狭間で苦しむ支援員たちと、被災した障害のある人たちは、戦っていたのである。

キャスト編集


スタッフ編集

  • 監督:松本動
  • 製作統括:西村直
  • 企画:藤井克徳
  • 脚本:山本おさむ
  • 音楽:小林洋平
  • プロデューサー:新井英夫
  • 撮影:鈴木雅也
  • 照明:古橋孝映
  • 録音:西岡正巳
  • 美術:津留啓亮
  • 編集:古賀陽一
  • スクリプター:山下千鶴
  • ヘアメイク:清水美穂
  • ラインプロデューサー:赤間俊秀
  • 助監督:佐藤吏
  • 制作担当:富田政男

製作編集

障害のある人たちが、地域で働く・活動する・ 生活することを応援する事業所の全国組織である『きょうされん』が結成40周年記念として企画、製作された。

きょうされんは、10周年ごとに映画を製作しており、30周年記念映画は、冨永憲治監督の「ふるさとをください」。40周年の記念映画としては、ドキュメンタリー映画「夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年」が先に公開され、キネマ旬報の文化映画ベストテンで9位に入る。「星に語りて~Starry Sky~」は、きょうされんの5本目の製作映画である。

本編の撮影は、2018年10月1日にクランクインし、10月24日に主要な撮影を終えた。 2019年2月28日に完成披露試写会が行われた。

主なロケ地編集

封切り編集

2019年3月10日に吉祥寺のアップリンク[1]、および北海道[2]などで、先行上映された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “映画「星に語りて~Starry Sky~」緊急先行上映情報”. CINEMATOPICS (フォーラムオフィス). (2019年3月4日). http://www3.cinematopics.com/archives/107534 2019年3月10日閲覧。 
  2. ^ “きょうされん40周年記念映画上映「星に語りて~Starry Sky~」”. LINER WEB (株式会社ライナーネットワーク). (2019年3月4日). https://www.liner.jp/event/13745/ 2019年3月10日閲覧。 

外部リンク編集