メインメニューを開く

星 ひかる(ほし ひかる、1907年10月26日 - 没年不詳)は、日本の俳優映画監督脚本家である[1][2][3][4]。本名は湯澤 明(旧姓内藤[1][2][4]。旧芸名は星 光(ほし ひかる)[1][2][3][4]湯浅 豪啓(ゆあさ ひでひろ)[3]斎藤寅次郎監督の松竹蒲田撮影所名物「蒲田ナンセンスコメディー」を始め多数の喜劇映画に出演し、戦後は東横映画大映東京撮影所の脇役として知られる[1][2]。特技は漫談、趣味は競馬[4]

ほし ひかる
星 ひかる
星 ひかる
1920年代ころ
本名 内藤 明 (ないとう あきら、出生名)
湯澤 明 (ゆざわ あきら、婚姻時)
別名義 星 光 (ほし ひかる)
湯浅 豪啓 (ゆあさ ひでひろ)
生年月日 (1907-10-26) 1907年10月26日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市神田区錦町(現在の東京都千代田区神田錦町
職業 俳優映画監督脚本家
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1924年 - 1969年
配偶者
著名な家族 東日出子(実母)
湯浅憲明(息子)
主な作品
全部精神異状あり
たゝかれ亭主
エロ神の怨霊

目次

来歴・人物編集

1907年(明治40年)10月26日東京府東京市神田区錦町(現在の東京都千代田区神田錦町)に生まれる[1][2][3][4]。母親は初期の帝国劇場女優として活躍した東日出子(本名内藤治子、1893年 - 1943年)である[1]

郁文館中学校(現在の郁文館高等学校)在学中の1924年(大正13年)5月松竹蒲田撮影所へ入社[1][2]1925年(大正14年)、星光名義で牛原虚彦監督映画『恋の選手』でデビューして、後に中学校を卒業[1][2][3][4]。以後、牛原、大久保忠素両監督に認められる。やがて五所平之助監督映画で飯田蝶子八雲恵美子田中絹代と共演するが、1928年(昭和3年)1月に退社して東京目黒輜重兵第一大隊に入隊[1]する。

1929年(昭和4年)1月に除隊し、再び松竹蒲田撮影所に入社。斎藤寅次郎監督の蒲田ナンセンスコメディの主要人物として、同年の映画『全部精神異状あり』や1930年(昭和5年)の映画『たゝかれ亭主』で主演を務める[1][2]。同年4月西尾佳雄監督映画『續・愛して頂戴』より星ひかると改名[1][3][4]。以後、西尾監督映画『嫁入読本』『尻に敷かれて』、小津安二郎監督映画『エロ神の怨霊』、佐々木恒次郎監督映画『カフェーの夫婦』と立て続けに主演し、大活躍する。1931年(昭和6年)2月の佐々木監督映画『公認駈落商売』で主演したのちに退社し、河合映画社に迎えられて入社する[1][3]。同年3月田中重雄監督の第一作『たぬきと精神病患者』で主演第一号となり、以後、『裏町天国』『春よお前は罪つくり』『花に浮かれて』『恋じや生命は捨てかねる』『弱き者よ汝の名は女なり』『海の狂人』『矛盾』『好男子異状あり』と立て続けに主演を務めた。しかし同年10月、自ら原作・脚本を手掛けた映画『夢吉よお気の毒様』を最後に退社する[1][3]

1932年(昭和7年)4月日活太秦撮影所へ入社して山本嘉次郎監督映画『細君新戦術』を始め、多数の現代劇時代劇に出演[1][2][3]。当時、同撮影所には杉狂児田村邦男関時男吉谷久雄などの喜劇俳優が揃い、賑やかなコメディを展開。その中でも杉とは1934年(昭和9年)の大谷俊夫監督映画『可愛い女房』、日活多摩川撮影所移籍後には渡辺邦男監督映画『前線部隊』で共演している。1935年(昭和10年)以降は脇役に回るが、1938年の映画『路傍の石』忠助役など、シリアスな作品にも好演を見せた。1942年(昭和17年)、統合によって大映に所属[1][2]

終戦後の1947年(昭和22年)、松竹京都撮影所製作の高木孝一監督映画『モデルと若様』で映画界復帰を果たし、同撮影所や東横映画などで活躍[1][2]1951年(昭和26年)、大映東京撮影所と専属契約し、ここでも多数の現代劇時代劇に出演[1][2]1969年(昭和44年)に公開された井上芳夫監督映画『女賭博師さいころ化粧』が最後の出演作であり、1971年(昭和46年)の大映倒産まで在籍していたが、以後の消息は明らかになっていない[1][2]没年不詳

大怪獣ガメラ』などを手掛けた映画監督湯浅憲明(本名同じ、1933年 - 2004年)は息子にあたる[5]

出演作品編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、521頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『芸能人物事典 明治大正昭和』日外アソシエーツ、1998年、518頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『日本映画スチール集 日活多摩川編』ワイズ出版、2001年。
  4. ^ a b c d e f g 『明治大正昭和 名優名人花形大寫眞帖』講談倶楽部、1936年。
  5. ^ 湯浅憲明」の項を参照。

外部リンク編集