メインメニューを開く

人物

  • 一人っ子である。
  • 小学6年生のとき、原宿竹下通りにいるところをスカウトされた[3]
  • 自己紹介は2018年1月3日までは、「あなたのハートが(ほっしーな!)みんなの声援(ほっしーな!)盛り上がって~(ほっしーな!)360度どこからみてもアイドル!出席番号ラッキー7星名美怜です。」[4]だったが、翌4日よりファンとの掛け合いはそのままに、「エビ中の今どき革命ガール!出席番号ラッキー7星名美怜です。」に変更された[5]
  • 特技:どこでも寝れる、誰とでも仲良くなれる、猫寄せ[1]
  • 好きな食べ物:フルーツ全般(特にイチゴ)。
  • 私立恵比寿中学5枚目のシングル未確認中学生Xの発売に先駆け開催された全国ツアーでは、マイティ・ミレーとして登場した。
  • 小学校1年生から5年生ぐらいまでバイオリンを習っておりコンクールにも出場していた[6]
  • 2歳から小学6年生まで英会話を習っていた[3]
  • 「みれりーな」というオリジナルのうさぎのキャラクターを5秒以内に描くことができる[7]
  • ソロ曲「キミに39」の衣装に付属する髪飾りの小鳥の名前を自身のブログで募集し、自身のイメージカラーであるピンクがアメジストの色であることからアメジストのアメをとって「あめちゃん」と名付けている[8]
  • グループ内ではしっかり者な方で、お母さん的なポジションでもあるが、一方でおっちょこちょいな一面もある。
  • 愛猫の「moca(もか)」(ノルウェージャンフォレストキャット)を溺愛している[9]
  • 2016年、大学に現役合格を果たし、4月から進学。大学名については公表されていない[10]
  • 2018年11月1日、ソロライブ「PINK DOLL HOUSE」を東京・マイナビBLITZ赤坂にて開催[11]
  • 2018年12月24日に幕張メッセで開催の「クリスマス大学芸会2018『ビターフローズンロール』」を、リハーサル中にけがをしたことを理由に出演見送り。また、翌25日の「クリスマス大学芸会2018『スペシャルロイヤルケーキ』」も大事をとって欠席[12]。30日、けがはステージから落ちた際に頭を打ったもので、顔の腫れも出ていることから一時活動を休止することが発表された[13](2019年2月17日のファンクラブイベントからライブに復帰)。
  • 2019年11月6日、ソロライブ「PINK DOLL HOUSE:2」を東京・マイナビBLITZ赤坂にて開催[14]

出演作品

※私立恵比寿中学としての出演/作品は、「私立恵比寿中学」の項を参照のこと。

テレビ

インターネット配信

  •  私立恵比寿中学出席番号ラッキー7星名美怜のドレミレどん!(2013年3月13日、Ustream
  •  アイドル専門局下北FM(2015年6月4日、ニコニコ生放送[20]

ディスコグラフィー

ソロ楽曲

  •  キミに39(エビ中のユニットアルバム さいたまスーパーアリーナ盤「ホシナミレイ」星名美怜ソロユニット楽曲)(作詞・作曲・編曲:浅利進吾[21]

ユニット楽曲

  •  神様の言うとおり(エビ中のユニットアルバム 青年館盤、瑞季・星名美怜・鈴木裕乃ユニット「フリンデルガール」楽曲)(作詞:辻純更、作曲:上田晃司)[21]
  •  for you(エビ中のユニットアルバム サンプラザ盤、杏野なつ・星名美怜ユニット「スターナッツ」楽曲)(作詞・作曲・編曲:大内正徳)[21]

書籍

写真集

雑誌

連載

  •  smart(宝島社)「私立恵比寿中学星名美怜のこれ着てほっしーな★」(2015年2月24日:4月号 - 連載中)[22]
  •  Samurai ELO三栄書房)「140文字で広がる世界」(2015年3月24日:5月号 - 連載中)[22]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 私立恵比寿中学オフィシャルサイト-生徒名簿”. 2014年9月15日閲覧。
  2. ^ a b STARDUST - スターダストプロモーション芸能3部 – 星名美怜のプロフィール”. スターダストプロモーション. 2015年11月4日閲覧。
  3. ^ a b B.L.T.2015年12月号エビ中10000字超ロングインタビュー
  4. ^ Power Push - 私立恵比寿中学 (7/7)”. ナタリー. 2014年4月26日閲覧。
  5. ^ エビ中公式LINEブログ(2018年1月5日閲覧)
  6. ^ ニコナタ私立恵比寿中学私立恵比寿中学が「ニコニコ超会議3」に参戦!”. ナタリー. 2014年4月26日閲覧。
  7. ^ 私立恵比寿中学放送部”. 2014年5月4日閲覧。
  8. ^ 私立恵比寿中学交換日記”. 2015年2月28日閲覧。
  9. ^ rankingbox”. 2014年11月18日閲覧。
  10. ^ エビ中・星名美怜が大学現役合格「4月から大学生と中学生との両立生活が始まります」”. スポーツ報知 (2016年2月23日). 2016年2月23日閲覧。
  11. ^ “エビ中の星名美怜、21歳の生誕ライブ「PINK DOLL HOUSE」を“みれりーず”と満喫”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月2日). https://natalie.mu/music/news/306444 2019年10月30日閲覧。 
  12. ^ “私立恵比寿中学・星名美怜 リハーサル中のけがで公演出演を見送り”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年12月24日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/24/0011931051.shtml 2018年12月24日閲覧。 
  13. ^ “エビ中・星名美怜が一時活動休止 リハ中にけが…頭打ち顔が腫れる”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年12月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181230/ido18123018320001-n1.html 2018年12月30日閲覧。 
  14. ^ “トラウマを乗り越えた星名美怜、飛んで跳ねて回って歌った22歳のバースデイ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年11月7日). https://natalie.mu/music/news/354533 2019年11月8日閲覧。 
  15. ^ ジェネレーション天国”. フジテレビジョン. 2014年4月26日閲覧。
  16. ^ a b アルバイドル”. nottv. 2014年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月22日閲覧。
  17. ^ 六本木バナナボーイズ”. フジテレビ. 2014年9月6日閲覧。
  18. ^ チュートリアルの徳ダネ福キタル♪”. スペースシャワーTV. 2014年11月18日閲覧。
  19. ^ 次ナルTV”. フジテレビ. 2015年10月19日閲覧。
  20. ^ 下北FM”. ニコニコ生放送. 2015年6月4日閲覧。
  21. ^ a b c 私立恵比寿中学オフィシャルサイト-購買部”. 2014年4月26日閲覧。
  22. ^ a b c d 私立恵比寿中学オフィシャルサイト-時間割”. 2015年3月10日閲覧。
  23. ^ 月刊アームズマガジン公式WEB”. 2015年7月2日閲覧。

外部リンク