メインメニューを開く

星 大輔(ほし だいすけ、1980年12月10日 - )は、東京都町田市出身の元サッカー選手、政治家。

星 大輔 Football pictogram.svg
名前
愛称 テリーマン、プリンス(山形時代)
カタカナ ホシ ダイスケ
ラテン文字 HOSHI Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-12-10) 1980年12月10日(38歳)
出身地 東京都町田市
身長 168cm[1]
体重 66kg[1]
選手情報
ポジション MF[1]
利き足[2]
ユース
横浜マリノスユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999 横浜F・マリノス 0 (00)
2000-2002 FC東京 9 (00)
2000-2001 大宮アルディージャ 5 (00)
2003-2004 モンテディオ山形 77 (14)
2005-2007 京都サンガF.C. 64 (06)
2008-2009 栃木SC 5 (00)
2010-2011 FC町田ゼルビア 43 (10)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
星 だいすけ[3]
ほし だいすけ
生年月日 上述
出生地 上述
前職 サッカー選手
現職 Flag of Machida, Tokyo.svg 町田市議会議員
所属政党 自由民主党

当選回数 1回
在任期間 2018年 -
テンプレートを表示

現役時代のポジションはミッドフィールダー

目次

来歴編集

FC町田(後のFC町田ゼルビアジュニアユース)から横浜マリノスユースへ進み、1999年にトップチームへ昇格。

2000年、FC東京へ移籍。右サイドハーフ(SH)佐藤由紀彦の控えという立ち位置だったが[4]、同年途中からこのポジションを務める増田忠俊も移籍加入したことから、8月に大宮アルディージャ期限付き移籍。移籍期間の延長を経て[5][6]2002年にFC東京へ復帰[7]。この年は佐藤のコンディションが悪く、原博実監督の下でJ1初出場を果たしたが[8]、同年4月末の石川直宏加入を境に再び出場機会を失った[9]。原は星を評価しながらも、石川の重用を続け「(星は)なるべく試合に出られる所でやった方が良い」[8] と退団を促した。

2003年にモンテディオ山形へ移籍[10][11]柱谷幸一監督に見出されて右SHのレギュラーを掴み、9得点を挙げた。2004年も鈴木淳新監督からの信頼は厚く、その甘いマスクで女性からの人気が高かったことから「プリンス」と呼ばれ、人気を博した。

2005年、恩師・柱谷が監督を務めていた京都パープルサンガへ完全移籍[12][13]。ここでも右SHの主力として活躍し、チームのJ1昇格に貢献した。しかし、2006年は怪我の影響もあって途中出場が多く、チームも1年でJ2降格を喫してしまう。2007年も徳重隆明の加入で出場機会が激減。チームは1年でJ1に復帰したが、星自身は戦力外通告を受け、京都を退団した。

2008年、JFL栃木SCに移籍[14]。自身三度目となる柱谷の率いるチームでJ2昇格を目指したが、リーグ戦開幕前に左アキレス腱を断裂し、同年は長期のリハビリに費やされた[15]。年末に解雇通告を受けたため翌2009年は練習生としてチームに帯同し、復調をアピールして[16] 4月に再契約を交わした[17]

2010年、故郷・東京都町田市を本拠地にし、中学時代に在籍したJFL・FC町田ゼルビアに入団した[2][18]。ホーム開幕戦となった同年JFL前期第2節びわこ草津戦で移籍後初ゴール[19]。2011年12月11日、JFL最終節讃岐戦で現役最後のゴールを決め[20]、試合後サポーターの前で引退を表明した[1]。2012年からは同クラブのフロントスタッフを務めている。

2018年2月投開票の町田市議会議員選挙に自由民主党より立候補して5,884票を獲得して当選した[3]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 横浜FM 27 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 FC東京 31 0 0 0 0 0 0 0 0
大宮 26 J2 5 0 0 0 3 0 8 0
2001 12 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 FC東京 25 J1 9 0 5 0 0 0 14 0
2003 山形 19 J2 38 9 - 3 1 41 10
2004 11 39 5 - 2 0 41 5
2005 京都 42 5 - 1 0 43 5
2006 J1 19 1 2 0 0 0 21 1
2007 J2 3 0 - 1 0 4 0
2008 栃木 27 JFL 0 0 - 0 0 0 0
2009 J2 5 0 - 0 0 5 0
2010 町田 28 JFL 27 9 - 2 0 29 9
2011 16 1 - 2 0 18 1
通算 日本 J1 28 1 7 0 0 0 35 1
日本 J2 132 19 0 0 10 1 142 20
日本 JFL 43 10 - 4 0 47 10
総通算 203 30 7 0 14 1 224 31

脚注編集

  1. ^ a b c d 星 大輔 選手 現役引退のお知らせ FC町田ゼルビア (2011年12月14日)
  2. ^ a b 星大輔選手 FC町田ゼルビアへ完全移籍のお知らせ 栃木SC (2010年1月26日)
  3. ^ a b 町田市議会議員選挙 開票状況 2018年2月25日執行
  4. ^ a b c 『FC東京ファンブック2002』毎日新聞社、2002年、51頁。
  5. ^ 星 大輔選手 移籍期間延長のお知らせ”. 2003年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。 FC東京 (2000年10月26日)
  6. ^ 星 大輔選手 移籍期間延長のお知らせ”. 2003年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。 FC東京 (2000年12月22日)
  7. ^ a b 星 大輔選手、FC東京に復帰のお知らせ”. 2002年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。 FC東京 (2001年12月13日)
  8. ^ a b FC東京の頭脳 欧州を行く スペイン編 選手はチームだけの財産じゃない”. 2005年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月8日閲覧。 東京中日スポーツ (2005年1月19日)
  9. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2002年8月17日)
  10. ^ 星 大輔選手 モンテディオ山形へ移籍決定のお知らせ”. 2003年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。 FC東京 (2002年12月9日)
  11. ^ 2003移籍加入選手決定のお知らせ”. 2003年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月6日閲覧。 モンテディオ山形 (2002年12月5日)
  12. ^ 星大輔選手 京都パープルサンガへ完全移籍のお知らせ”. 2004年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月6日閲覧。 モンテディオ山形 (2004年12月25日)
  13. ^ 京都パープルサンガ・戦力分析レポート J's GOAL (2005年3月1日)
  14. ^ 星大輔選手 栃木SCへ加入のお知らせ”. 2008年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月6日閲覧。 京都サンガF.C. (2008年1月8日)
  15. ^ 【J2日記】栃木:最下位決定戦は再開されず J's GOAL (2009年8月10日)
  16. ^ けが克服ピッチに“復帰”栃木SC・MF星 47NEWS (2007年4月3日)
  17. ^ 星大輔選手 契約のお知らせ 栃木SC (2009年4月1日)
  18. ^ 星 大輔 選手 新加入のお知らせ”. 2010年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月6日閲覧。 FC町田ゼルビア (2010年1月26日)
  19. ^ 公式記録 前期第2節 (PDF) 日本フットボールリーグ (2010年3月21日)
  20. ^ 公式記録 前期第1節 (PDF) 日本フットボールリーグ (2011年12月11日)

関連項目編集

外部リンク編集