メインメニューを開く

星子 敏雄(ほしこ としお、1905年11月9日 - 1995年7月13日)は、日本政治家熊本市長(4期)。

経歴編集

熊本県鹿本郡稲田村(現山鹿市)出身。1928年東京帝国大学法学部政治学科卒。同年満州に渡り、関東庁に勤務する。その後奉天省、満州国総務庁で勤務し、1945年満州国警務総局長に就任した。同年、ソ連軍が満州に侵入し、星子はソ連軍に拘束され、シベリアに抑留される。1956年帰国。1963年熊本市助役に就任。1970年熊本市長選挙に立候補して当選、4期16年務めた。1986年に引退。1995年死去。

参考文献編集

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『満州国の最期を背負った男 星子敏雄』荒牧邦三 弦書房、2016年。
先代:
19・20代: 1963 - 1970
石坂繁
  熊本市長
21・22・23・24代: 1970 - 1986
星子敏雄
次代:
25・26代: 1986 - 1994
田尻靖幹