メインメニューを開く
星川通り(2011年6月24日)

星川通り(ほしかわどおり)は、埼玉県熊谷市鎌倉町を起点とし、星川・筑波を経て、同市銀座へと至る熊谷市の市道の愛称である。別名「星川シンボルロード」。全区間が星川の両岸に位置する。

目次

主に交差する道路編集

沿線の主要施設編集

星川編集

星川シンボルロード編集

 
星川シンボルロードと星川
(2011年6月24日)

1975年に「水と緑と彫刻のプロムナード」として、広場や彫刻像を設置。更に1990年代から2000年代にかけて、荒川左岸幹線用水路としての大里総合農地防災事業の整備、電柱地中化工事、アメニティ空間の整備が行われ、「星川シンボルロード」として生まれ変わった。この整備が完了した後は、親水性の確保と用水路としての機能を両立させるため、星川の地下にパイプラインが埋設され、水が流れており、もう一本地下河川が縦に平行して流れている形となっている[1]

路線バス編集

起点からさいたま地方法務局熊谷支局手前までの約1km(途中、お祭り広場から一旦熊谷駅南口へ行って戻ってくる)を熊谷市コミュニティバスゆうゆうバスの直実号が通過する(終点付近も短距離ながら通過する)。直実号の車体には、星川の写真がプリントされている。

イベントなど編集

星川通り(星川シンボルロード)で行なわれるイベント・祭りなどを紹介する。

だるま市編集

熊谷うちわ祭編集

  • 熊谷うちわ祭は、星川通りと市役所通りが交わる地点にある「お祭り広場」がメイン会場の一つであり、星川通り自体も祭りに伴う車両通行止めエリア内にあり、祭り客でにぎわう。

とうろう流し編集

鎌倉町ナイトバザール編集

  • 起点である鎌倉町通り(商店街)で1988年5月より毎月第3土曜日夜に開催されていたイベント。現在は行われていない。星川通りの一部も開催エリアに含まれている。

脚注編集

外部リンク編集